1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

セレブのセキュリティー代がハンパない

これまで5人程度だったボディガードを30人に増員。自身のそっくりさんの”影武者”となるガードマンもいるという。警護にかかる費用は1日あたり約1,000万円

中には元シークレットサービスもいるとか

10万ドル(1000万円)かけてパニックルームを早急に作ろうとしていると報じられた

摂氏500度の火や、マグニチュード7の地震にも耐えられる避難室

日曜にデーブさんが、キム・カーダシアンは引きこもりになって自宅にパニック・ルームを造らせていると言っていましたが、ハリウッドスターにとって、今そこにある危機ですね。 twitter.com/voguejp/status…

こんなイメージかも。。

豪邸は完璧なセキュリティーシステム

ベッカム夫婦は4人の子供たちと住む新しい家を3150万ポンド(約54億1800万円)で購入したそう

豪邸のひとつ、ロンドンの邸宅を購入したときの話

邸宅内に最先端のエントリーシステムを導入。外部からの侵入を防ぐと同時に、万が一の事態に備え特別なパニック・ルーム(緊急避難部屋)を用意

他にも…

世界のどこからでも確認できる24時間対応した60台の監視カメラ、指紋認証機能のついた電話があります

トム・クルーズの豪邸も負けてない

広大な敷地をゾーンごとに区分けして安全を管理。裏庭なども専門のセキュリティに実際に走らせて異常がなにかなどをチェックさせるなど、小さな軍隊並に秩序だっているそうだ

トム・クルーズの黒人ガードマンの腰に銃ささってたよ(゜ロ゜; チラッと見えちゃったwwこわっ

ガチだわ…

安全が24時間保障されるのなら、いくらでも喜んで出すとのことで、スリ専用のボディガード代として週に5万ドル支払っている

やっぱりビヨンセもすごかった

「ブルー・アイヴィーの送り迎えは、車が列をなして行っています。2台の車に、3人のボディガードが乗っているんですよ!」

アイビーちゃんの警護は他を圧倒しており、まるで大統領レベルのセキュリティだったとか

セキュリティとプライバシーを確保する為、130万ドル(約1億円)かけて同病院の4階ワンフロアを借りきって出産に臨んだ

病院スタッフは撮影防止のため携帯電話をビヨンセ側に提出するよう命じられたほか、フロアに設置された複数のセキュリティカメラのレンズにはテープが張られるという厳戒態勢だったらしい

1 2