1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

芸能界にはいないものとして…清水富美加の出家問題が前に進んでいる

宗教法人「幸福の科学」への出家を宣言した女優、清水富美加(22)の主演映画「暗黒女子」が予定通り、4月1日に公開されることが15日、配給会社から発表された。

更新日: 2017年02月16日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
14 お気に入り 123257 view
お気に入り追加

○世間を騒がせている清水富美加の出家問題

色々ありましたし、色々あります。 100%本人で自由に、ね。 つぶやきたいと思いますので よろしくお願いしまする。 pic.twitter.com/M2sK5aSTR2

NHK連続テレビ小説『まれ』のヒロインの同級生役でブレイクし、人気急上昇中の女優・清水富美加が突然、芸能界引退を発表した。

女優、清水富美加(22)の宗教団体「幸福の科学」への出家と電撃引退発表から一夜明けた13日、テレビやイベント、CM、映画などの関係者は対応に追われた。

1月末に清水本人から、出家の意思と契約解除を求められたという。

○現在の体調不良で自宅療養中の清水

業界関係者の間でも、彼女がテレビや映画界の第一線から去ることを嘆く声が続出しているという。

現在、体調不良で自宅療養中の清水は、半年間の休養後は法名「千眼美子(せんげん・よしこ)」として活動する。

「体調の回復を待ち、宗教者としての修行を積む」ことを前提に、「信条上合致する、考え方の合う映画やドラマなどに出演する可能性はあります」と表明している。

○主演映画「暗黒女子」が予定通り公開

清水富美加(22)の主演映画「暗黒女子」が予定通り、4月1日に公開されることが15日、配給会社から発表された。

主役不在の舞台あいさつは異例だが、他の作品も同様に公開に向けて協議を進めており、芸能界は清水がいないものとして動き出している。

○他の映画などにも影響が出ている

清水の復帰は絶望的なことから、7月29日公開の「東京喰種トーキョーグール」も、すでに清水抜きでの公開に向けて協議を進めている。

タレント、千原ジュニア(42)が主演し、清水も出演していた映画「ごっこ」は、配給や公開日が決まらない状態だ。

清水が連載する雑誌「TVBros.」は、次号を休載することが決定。次号以降は「協議中」としているが、本人から原稿が届く見込みはなく、打ち切りになりそう。

○映画「泥棒役者」も撮り直しへ

清水富美加(22)が、関ジャニ∞丸山隆平(33)の主演映画「泥棒役者」(西田征史監督、11月公開)に出演予定だったことが16日、分かった。

役柄は不明だが、清水は降板となり、出演場面については撮り直す方針。現在、代役を選考中だ。

当初は今月中に撮影を終えるスケジュールだったが、清水の芸能界引退の表明の影響で、来月まで撮影を続けることになった。

○事務所の先輩、菊地亜美が清水について語った

タレント、菊地亜美(26)が16日、ダイエットサポーター「VアップシェイパーEMS」の発表会に出席。

所属事務所、レプロエンタテインメントの後輩で、宗教団体「幸福の科学」に出家して引退騒動の渦中にある女優、清水富美加(22)についてコメントした。

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。