1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

人身売買された日本人が過去最多に...意外と身近にある問題かもしれない

「人身売買」というと遠い国の話のように思えませんか?でも、実は遠い国の問題ではないのです。

更新日: 2017年02月17日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
69 お気に入り 428201 view
お気に入り追加

「人身売買」というと遠い国の話のように思えませんか

多くの日本人にとっては、人身売買と言われてもどこか遠い国のことのように思えて、ピンとこないのではないだろうか

でも、実は遠い国の問題ではないのです

決して貧困にあえぐ他国の話ではなく、日本にも存在する現在進行形の社会問題である

人身売買された日本人被害者の数が過去最多となった

2016年に警察が摘発した人身取引事件の被害者は46人で、そのうち半数以上の25人が日本人だった

日本人が前年比12人増の25人に上ったことが16日、警察庁の集計で分かった

先日もカンボジア人女性を人身売買をしていた日本人が逮捕された

「月に最大5千ドル(約56万円)稼げる」と勧誘して、カンボジアの女性10人を昨年11月に日本に売り渡した疑い

群馬県のレストランからカンボジア人女性7人が救出され、女性のうちの1人がフェイスブック(Facebook)への投稿で助けを求めたことから今回の事件が発覚した

日本は人身売買の取り組みが遅れていると世界から指摘されている

日本は、人身売買に対する取り組みが非常に遅れています

日本は人身取引と児童ポルノの国際拠点として外国から厳しい批判を受けています

日本は米国国務省が発表する人身取引年次報告書(2016年)で4ランク中の下から2番目「第2ランク監視対象国(人身取引撲滅のための最低基準を十分には満たしていない)」と評価されている

この問題への取り組みの遅れを国際社会から批判され、日本政府がようやく刑法に人身売買罪を新設したのは05年のことだ。

英デイリー・メール紙は、「日本のポルノ産業は年間5,000億円の規模で、年間約20,000本を撮影している」「日本ではポルノグラフィが広く一般に普及しており、一部の有名ポルノ女優はメインストリームのバラエティ番組や週刊誌のコメンテーターとして出演することもある」と紹介

性産業に従事することが多いと指摘されることも

摘発されたのは46人で、40人が日本人だった。風俗関係者が16人で最多だった

遅れている要因の一つとして、性産業には被害者がいないという社会の認識があるからだと思います

1 2





musinoneさん

のほほんとまとめています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう