1. まとめトップ

飲茶に食べるおいしい鹹点心の数々

飲茶や前菜、サイドメニューとして活躍する、おいしい鹹点心の数々の紹介まとめです。

更新日: 2019年01月25日

3 お気に入り 1518 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

点心大好きです。

moepapaさん

鹹点心とは

点心(テンシン、中国語の正体字で點心、簡体字及び日本語の新字体で点心)とは中華料理の一つである。菜(中華料理の主菜)と湯(中華スープ)以外のものを言う。
茶を飲みながら点心を食べることを飲茶(ヤムチャ)という。また、点心を専門に作る料理人は点心師と呼ばれる。

鹹点心とは塩味の点心のことであるが、甘くない点心であり必ずしも塩味でなければならないわけはない。茹、蒸、揚と色々な調理法がある。

餃子

餃子(ギョウザ、ギョーザ、拼音: jiǎozi)とは、小麦粉を原料とした皮で、肉、エビ、野菜などで作った具を包み、茹でたり、焼くなどした食べ物である。調理の方法によって、水(茹で)餃子、焼き餃子、蒸し餃子、揚げ餃子などと呼ばれる。

小麦粉主体の皮で肉、野菜、魚介類の餡を包んだもの。焼餃子、蒸し餃子、水餃子、揚げ餃子がある。もともと華北の点心。

@Roys_Sayuri 最高な時間をありがとうございましたもう、ハッピーすぎてフワフワハピハピで空飛べそうです また、ライブ楽しみにしてます! そして、2日連続餃子テロ投下します #餃子配信協力隊 pic.twitter.com/OcF4pBCUy8

はい、誕生月企画でした! 年齢の数だけ、餃子プレゼント! 53個の餃子☆ 大人6人で食べ切りましたよ☆ もちろんビールやらハイボールやら日本酒やら、その他の料理も堪能しました☆ #歩成 #誕生月企画 #歳の数だけ餃子か鳥の唐揚げ pic.twitter.com/YQOPuHZJJe

焼売

焼売(しゅうまい、広東語: シウマーイ)は、豚の挽肉を小麦粉の皮で包み蒸し調理した中華料理の点心。
中華人民共和国の広州や香港では広東語で「シウマーイ」と発音されている。日本語は広東語の発音を外来語として取り入れている。標準的な中国語(北京語)では「シャオマイ」と発音し、同音の「燒麥(簡体字: 烧麦)」の字を当てる場合がある。

豚の挽肉とえびのみじん切りを主体とし、練り合わせて味付けした餡を中身にし、薄い小麦粉の皮で短い円柱状に包み、蒸籠や蒸し器などで蒸かして仕上げる。好みで酢・醤油・辛子など調味料をつけて食べる。なお、中身にカニ肉や牛肉を加えたり、包む皮の代わりにもち米をまぶすなどのバリエーションもある。

あぁぁ~東亭の餃子食いて、餃子食いて、餃子食いて、餃子食いて、餃子食いてぇ~! あぁぁ~東亭の焼売食いて、焼売食いて、焼売食いて、焼売食いて、焼売食いてぇ~(*´﹃`*)ダラダラ 再開を心から望む pic.twitter.com/LN0UvcIstK

✨㊗️シーズン4START!!フォー!!㊗️✨ にくにく感たっぷりのジャンボ焼売の出来上がり〜!!! 崎陽軒にも負けてない!(笑) 自画自賛! 褒めて伸びるタイプだもんね! 次のパエリアも楽しみだなぁ〜 #和牛キッチン #cookpadTV pic.twitter.com/ePP6NwsNDk

春巻き

春巻き(はるまき、「春巻」、「春捲」とも書く。中国語:繁体字:春卷、簡体字:春卷、拼音: chūnjuǎn、チュンヂュアン)は、中国料理の点心の1つ。
南方の広東料理では、豚肉、タケノコ、シイタケ、黄ニラなどを千切りにして炒めて醤油などで調味したものを、小麦粉で作った皮で棒状に包み、食用油で揚げたものが一般的である。

香港や広州では、飲茶の際に食べることが多く、ウスターソースを付けることもある。日本の中華料理店でもこのタイプのものが多いが、広東省や香港では黄ニラを使うことが多いのに対し、日本では緑のニラやネギを使うので風味が少し異なる。

とりとめのない食事をあげる。 旦那さんは親不知の手術で食事ができず、娘は寝ていて起きないので。春巻きは明日のお弁当用に作ったのの試食。 pic.twitter.com/5fFCsDLKMd

1 2