1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

パネェ…宇野昌磨とネイサン・チェンがSP100点&羽生結弦超え

韓国・平昌で行われている男子フィギュアスケート4大陸選手権のSP(ショートプログラム)で羽生結弦に続く史上3・4人目となる100点超えが現れた…。アメリカのネイサン・チェンと宇野昌磨の4回転にフィギュアスケート界のインフレが止まらない!

更新日: 2017年02月19日

nyokikeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
19 お気に入り 48773 view
お気に入り追加

▼男子フィギュアスケート四大陸選手権SPで宇野昌磨が自身初にして史上4人目の100点超えを果たした

SPの自己ベストとなる100・28点をマークし、2位につけた。97・04点で3位の羽生結弦を超える高得点で、国際スケート連盟(ISU)の主催大会では自身初の100点超えを果たした。

これまで100点以上を記録した羽生結弦(22=ANA)が2015年GPファイナルで記録した110・95点、ハビエル・フェルナンデス(25=スペイン)が今年の欧州選手権の104・25点に続き、史上3人目、4人目となる100点超え。

高いジャンプから4回転フリップを決める上々の滑り出し。4回転トウループ―3回転トウループの連続ジャンプも決めた。音楽に乗って表情も冴える宇野。後半の3回転半も完璧に決めた。

音楽が止まり、フィニッシュを決めた瞬間に宇野はガッツポーズで破顔一笑。大台を超える得点が表示されると、コーチと顔を見合わせて喜び合った。

・攻めた演技が良かったと振り返った宇野昌磨

宇野は試合後、「100点という点数を超えた。3桁になったことはうれしいことだったんですけど、今年ショートのジャンプが決まらない中、久々にまとまった演技が出来たことに、割といい演技ができてよかった」と、自身初となる100点超えに喜びの声を上げた。

フリーに向け「確率が悪い中でも4回転ループを入れていく予定ですので、成功できなくても攻めた姿勢で攻めきって演技を終えたいと思います」と力を込めた。

▼羽生結弦だけじゃない、宇野昌磨の活躍に沸くTwitter

え、あ、マジか?!!! 四大陸選手権面白いことになってるやん! 宇野くん100点出したのか…!ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。 後やっぱネイサンきてるよね…調子いいもんな… 流石に羽生くんの3位スタートは予想してたもののショックが… 引きずらないでフリーに挑めますように

羽生くんが少しミスして、宇野くんが会心の演技で形成逆転とか、明後日が見逃せませんわ。゚(゚´Д`゚)゚。

ネイサンチェンも宇野昌磨くんもよかった❗️羽生くんは体調が万全ではないのかな?ズサーのとこもGFに比べると辛そうだったし。 そしてネイサン、いい声 #四大陸選手権

四大陸選手権って昔は若手が出るものだったけど、今はほぼ世界選手権と変わらないメンバーになってる。羽生選手はサルコウ惜しかったけど、魅せられた。宇野選手は今季パーソナルベストで良い滑り出し。フリーでも良い結果を出して欲しい。

▼SP100点超えの宇野昌磨を凌駕した脅威の若手ネイサン・チェンが1位

初出場の17歳、ネイサン・チェン(米国)が、国際スケート連盟公認大会で史上3人目となるSP100点超えを記録した。

ノーミスで演技を終えて103・12点。大技となった冒頭の4回転ルッツ-3回転トーループの連続ジャンプを成功。4回転フリップも決めるなど、今季からシニアに参戦する注目の若手が実力を発揮した。

演技後のインタビューでは「とても今の演技は良かったと思います。本当にすごい高得点だったと思います。自分でも興奮しています」と喜びを隠さなかった。

▼羽生結弦も高得点ながら3位、少しのミスも許されないハイレベルな大会に

羽生は冒頭の4回転ループをきれいに決めたものの、続く4回転サルコーからの連続ジャンプが2回転サルコー―3回転トーループと回転不足で得点が伸びなかった。

昨年末の全日本選手権はインフルエンザにかかり欠場。GPファイナル以来、2カ月ぶりの実戦だった。103・12点で首位のチェン(米国)とは6・08点差。

インタビューには「まだまだできることはたくさんあったと思いますし、悔いは残っていますけど、今できることはやったかなと自分の中では思ってますので、できることを上げていかないといけないなと思いました」と思いを語った。

自らが「真・4回転時代」と命名した通り、チェンや宇野らライバルは数々の4回転ジャンプを成功させている。

1 2





このまとめが誰かの何かの役に立ちますように…。
最新のまとめはこちら
https://matome.naver.jp/odai/2147973754109664101



  • 話題の動画をまとめよう