猫は肉食動物であり、動物性タンパク質が豊富な肉や魚を主食としていた動物ですので、穀物を食べる習慣がなく、穀物を消化するのが非常に苦手なんです。そのため穀物が多く使用されているキャットフードは本来は猫にとって良くない餌なんですよね。
穀物はアレルギーの原因となり得ます。

そのためアレルギー対策フードでは極力アレルギー症状を起こしやすい穀類は使用されておりませんし、穀物を一切使用していないグレインフリーのキャットフードはアレルギーが多い猫を飼っている飼い主さんに重宝されているんです。

それにアレルギーだけではなく、消化しにくい穀類が原因となり、嘔吐や下痢を引き起こすこともありますので、出来れば消化が難しい穀物が使用されているキャットフードより穀物が一切使用されていないグレインフリーキャットフードの方が良いのです。

出典愛猫に悪影響!?与えたくない原材料は?【4Dミートとは?】

前へ 次へ