一般に水分含有量75%以上のものをウェットフードとされています。


ウェットフードのメリットですが以下のものになります。

・水分含有量が高く猫の嗜好性にあっている
・高タンパク高脂肪で低炭水化物である
・低カロリーのものが多く肥満対策にもなる
・個別パックも多く内容量が少ないので一食ずつで給餌できる
・味の種類が豊富で好みに合わせやすい

ウェットフードの最大のメリットは水分含有量が多いことにあります。

本来猫は水分摂取が苦手な動物であるため、水分を単独で摂取する量が少なく、夏場などは脱水症状を起こしがちです。

しかし、ウェットフードであれば食事と合わせて水分が補給できるので、その点で理想的と言えます

出典https://petr.jp/cat-food-3044

前へ 次へ