ドライフードは、水分含有量10%前後の乾燥した小粒サイズのフードの事で、通常販売されているペットフードの中で特に多くの種類があるものになります。

メーカーや種類にもよりますが、ドライフードはウェットフードと比べて安価で購入ができます。

また乾燥しているので、一度開封してからも保存が効き、何回かに分けて食事をする猫にも安心ですし、咀嚼することで歯磨き代わりとなり、歯石や口内炎などの口腔内の病気や口臭の予防にもつながります。

栄養成分も総合栄養食と呼ばれる、食事するだけで必要な栄養素を補えるタイプのものも多く、健康面を気遣う猫にも向いています。

出典https://petr.jp/cat-food-3044

前へ 次へ