その事を大人に話しても誰も信じちゃくれなくて、ふてくされてた時、 地区の地区長さんが、その地域の昔話を教えてくれたんだって。

「お前の入った山は昔、姥捨て山だったんだよ。それに飢饉のたびに口減らしもあった。
 多くの人があそこで食べ物を探して死んでいったんだ。

 捨てられた人は、食えるものは何でも口に入れたんじゃろうな。
 お前さんが会ったのは、その時代の人だろう」
地区長さんはそういうと、
「この土地の過去は皆知らないからあまり話すなよ」と兄貴に釘を刺した。

それと、「豊かな時代に育ったことを幸せに思いなさい」といって、家に帰されたらしい。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【都市伝説】寝れなくなるかも?山にまつわる不思議な話まとめ

背中がぞくぞくするような山にまつわる不思議な話を集めてみました!怖い話・オカルト《随時更新中!》

このまとめを見る