私の父の話。

父(以降は兄)が子供の頃、弟と一緒に近くの山に薪に使う木を拾いに行った時の事。

山深く迷信も多いその地域では、「猿・犬・猫」などの言葉を山へ行く前や山に入っている最中には口に出さない様にと両親から強く言い付けられていたらしい。

が、ちゃんとその言い付けを守っていた兄とは対照的に、弟は山に入ってしばらくするとふざけて「猿」を連発。

いさめる兄の言葉も聞かず、弟はずっと「猿」を言い続ける。

すると、にわかに山が陰り、驚いて空を見上げた兄は今迄快晴だったのが、嘘の様に真っ黒な雲が生まれて自分達の頭上に集まり出しているのに気がついた。

辺りの雰囲気も妙にざわざわと落ち着きがなくなり、不吉な物を感じた兄は弟を怒鳴りつけて黙らせ、拾った木を放り出して慌てて家に逃げ帰った。

息を切らせながら戻って来た彼らを、家に居た父(私の祖父)は説明される
前に「お前ら、山で要らん事言っただろう!!」と指摘。

何故分かったのかと聞いた兄に、父は「庭先から山を見ていたら、物凄い勢いで雲がある一部分に集まって行き、しばらくすると消えて行った」と答えた。

勿論、そのある一部分とは彼らが薪拾いをしていた辺り。

取りあえずひとしきり怒られてから事の次第を説明した兄は、父に「お前が気が付いてなかったら、帰って来られなかったかもしれない」と言われたそうだ。

ちなみに、この弟と同じ事をやって大けがをしたり、おかしくなって帰って
来たりした人も居るらしい(父談)
お陰で私も山に入る時は注意している。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【都市伝説】寝れなくなるかも?山にまつわる不思議な話まとめ

背中がぞくぞくするような山にまつわる不思議な話を集めてみました!怖い話・オカルト《随時更新中!》

このまとめを見る