1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

北朝鮮での知名度0だった…金正男殺害事件で明らかになった事実

朝鮮民主主義人民共和国の金正恩委員長の兄にあたる金正男(きむ じょんなむ)氏がマレーシアの空港で暗殺されてから数日…。徐々に事件の詳細と、金正男殺害事件で北朝鮮の姿が明らかになってきた。

更新日: 2017年02月23日

nyokikeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
35 お気に入り 354482 view
お気に入り追加

▼北朝鮮の金正恩委員長の兄・金正男がマレーシアで暗殺された主犯格が逮捕された

マレーシア警察は18日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏の殺害事件に関与したとして、新たに北朝鮮籍の男、リ・ジョンチョル容疑者(46)を首都クアラルンプール近郊で逮捕したと発表した。

マレーシア紙・東方日報(電子版)などによると、新たに逮捕されたリ・ジョンチョル容疑者(46)は北朝鮮の旅券を持ち、首都クアラルンプール市内のコンドミニアムに妻と息子、娘の4人で住んでいた。

男を知る住民は「暗殺に関与した工作員とは想像できない」と驚きを隠さず、「彼らは通常、母国語で話しているが、北朝鮮人なのか韓国人なのかは分からなかった」と話した。

・実行犯が続々と逮捕、明らかになっていく事件の様子

これまでに警察はそれぞれベトナムとインドネシアの旅券を持つ女2人とマレーシア人の男の計3人を逮捕しており、逮捕者は今回で4人目。現地メディアは警察が残りの主犯格の男3人を指名手配して行方を追っているとしている。

中国報によると、ベトナム旅券を持つドアン・ティ・フォン容疑者(28)は警察の調べに対し、「男とは約3カ月前にマレーシアで知り合った」と供述。フォン容疑者のベトナムの故郷や韓国を一緒に旅行するなど親密な関係になったという。この男が北朝鮮の工作員だった疑いがある。

2人目に逮捕されたインドネシア人の女、シティ・アイシャ容疑者(25)も調べに対し、この男と約1カ月前に知り合ったとし、その後、犯行グループとされる男4人組を紹介された。逮捕された女2人が知り合ったのは事件当日の直前だったといい、監視カメラの映像から空港で予行演習をしていたとみている。

・周到な手口、逃走した4人の主犯格は逮捕された3人を捨て駒にした?

実行犯役のインドネシア人の女は「いたずら動画の撮影だと勧誘された」、もう1人のベトナム旅券を持った女も殺意を否定し「毒物だとは知らなかった」と、それぞれ供述している。実際、防犯映像から、女の1人がはめていた手袋に、襲撃直前に男の1人が毒物とみられるものを塗っていたとする情報もある。

会見で警察は、4人の行き先に言及しなかった。だが、捜査関係者は、逃走ルートについて、クアラルンプール→ジャカルタ→ドバイ→ウラジオストクと飛行機を乗り継ぎ、すでに平壌に戻っているとの見方を示している。逮捕された女らと比べ、手際の良さが際立っている。

マレーシアの中国報(電子版)によると、同容疑者は警察の調べに、自分は襲撃現場に行っておらず「2人の女も知らない」と主張している。警察は、化学の専門家ながら毒物には関係なく、男らを空港まで車で送っただけとの見方もしており、「工作員」というプロ集団に利用された可能性もある。

17日に逮捕された北朝鮮国籍のリ・ジョンチョル容疑者は利用された?

▼金正男殺害事件現場の様子が生生しかった

同紙によれば、正男氏がクアラルンプール国際空港ターミナルで出国ロビーに入る準備をしていたところ、女2人が突然現れ、毒物を使用。正男氏の口をハンカチでふさぎ、毒物を吸い込んだのを確認すると、すぐに逃走し、空港外に待たせていたタクシーに乗り、行方をくらませた。

マレーシアの中国語紙「東方日報」(電子版)が報じた

殺害には青酸カリよりも毒性が強い劇薬が用いられたという。警察当局者は毒物の種類については明らかにしなかったが、過去の暗殺事件で使われた例があることを示唆した。

現地の英字紙「ニュー・ストレーツ・タイムズ」が掲載した写真には、正男氏が襲撃された直後、空港内の診療所の中での様子との説明が書かれている。

正男氏は目を閉じており、すでに意識を失っているようにも見える。警察によると正男氏は、この後、病院に搬送される途中で死亡した。

▼金正男殺害事件当日の空港の様子を語ったGACKT

15日には帰国のため再び空港を訪れ、「多くの仲間が心配して連絡をしてきたが空港は至って普通。なんの慌ただしさもない」と現地の様子を伝えた。

世知辛い世の中だ、ホントに」「いろんな事情があるにせよ身内に殺害された金正男氏を不憫に思ってしまう」と私見を述べた。

▼北朝鮮は金正男氏の遺体の引き渡しを要求

北朝鮮は正男氏の遺体の即時引き渡しを公然と要求し、捜査妨害の姿勢を鮮明にした。

1 2





このまとめが誰かの何かの役に立ちますように…。
最新のまとめはこちら
https://matome.naver.jp/odai/2149189380388462701