1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

直美にちえみ…ぽっちゃり芸人たちの海外受けが止まらない

ブルゾンちえみに渡辺直美、ぽっちゃり芸人たちは海外で受ける。これからの海外進出が楽しみな芸人も。

更新日: 2017年02月19日

53 お気に入り 132964 view
お気に入り追加

・今最も勢いのある芸人ブルゾンちえみ

「第2のジャスティン・ビーバー」とも言われるオースティン・マホーンさんから、ツイッターの「リプライ」が来たのだそう

お笑いのネタの中でマホーンさんの曲を使っていることから、マホーンさんがブルゾンさんのツイッターに気付いたよう

・ぽっちゃり芸人と言えばこの人も海外紙から絶賛されている

国内ダントツ1位のフォロワー数で「インスタの女王」といわれ、29才の誕生日にアップした写真には約62万人から「いいね!」が寄せられた。

1ページ丸々割かれた注目の記事は、同日に日米首脳会談のため訪米していた安倍晋三首相の記事よりも扱いが大きかった。

渡辺は「ワシントン・ポスト紙から吉本に連絡が来たんですよ」と興奮気味に振り返り、電話上で通訳を通してインタビューを受けたことを明かした。

・外国人にモテるぽっちゃり女芸人たち

オーストラリアのカジノでトルコ人にナンパされ、“10分だけなら”とOKして、地下駐車場の車の中で一戦を交えたら5分で終わったという話があります

「通りすがりでもいいなって思ったら5秒以上ねっとりと見る。すると、海外の人は目をそらさないで見てくれる。その後に片目で軽くウインク。ガッツリやるとダサいからダメ。そうすればそこから会話が始まるわ」

生まれて初めてナンパされたのがロシア人。

渋谷で声をかけられ、抱きしめられてホテル街の方に誘われたが、「“初めて”は日本のかたがよかった」ので断ったという。

・今後海外に発信したら絶対に受けそうなぽっちゃり芸人は?

『世界のどっかにホウチ民』の企画で、ホウチ民の一人として3ヶ月間アメリカ合衆国・ニューヨークに滞在

現地で下ネタスラングに精通するレベルの英会話力を披露した。

“キャサリン・ベイ・スペイカーズ” という名の外国人女性と化したゆりやんが、謎の男に閉じ込められている自分の状況を、息も絶え絶えに、カメラに向かって説明

・Twitterではブルゾンちえみとの比較も

1 2





ネットで話題のニュースを独自の視点でまとめています。
今日は何の日?
https://goo.gl/M1m8ew