1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

世界を翻弄するトランプ大統領

トランプ米大統領が就任して、20日で1カ月。公約実行に次々と着手し、本人は「よく整備された機械のように動いている」と自賛するが、深刻な混乱や失態も続発

今もマーケットは大統領の発言に右往左往

トランプ政権が発足して1ヶ月近くが経ちましたが、依然としてトランプ大統領のTwitterや非公式会合での発言でマーケットは右往左往している有様

実はこんな人たちも困惑していた

トランプ氏の発言や演説は内容や文法が単純だが、理屈や文脈にしばしば矛盾があり話題が飛ぶなど、外国語に翻訳する通訳らが苦労している

トランプ語は通訳泣かせ

【フランス語通訳】トランプ氏のくだけた構文やボキャブラリー 不足、繰り返しの多用が理由で、論理的な言語であるフランス語で意味が通るようにするのは難しいと話す

ワシントンポストより。英語は「主語優勢言語」であり、この点、トランプの主語ははっきりしている。「私は」「敵は」。だが日本語は「主題優勢言語」なので、topicが何だかさっぱりわからないトランプ語は和訳するのが言語構造上極めて困難とか wpo.st/D7KW2

「トランプの支離滅裂なスピーチを訳すのは悪夢のよう」ですと。nightmarish experience translating his disjointed speeches 和訳はマイルドになり過ぎていると見ていい。 japantimes.co.jp/news/2017/02/1…

トランプ本コーナーが次々と設置されましたが…

日本でもトランプ本は全然売れないそうである。読者的にはこんな本は恥ずかしくてレジに盛っていけないというレベルだそうだ。アメリカ大好きな日本人にすら尊敬されないってヤバイんじゃないか

兵庫県内の書店や図書館で売れ行きや貸し出し状況は「ぼちぼち」。保護主義を唱える失望感からか、オバマ政権誕生時と比べても関心は低そう

Books on Trump prove tough sell in Japan — so far | The Japan Times japantimes.co.jp/news/2017/01/2… トランプの本はオバマの時と比べて売れてないらしいけど、買う目的も随分違うかもしれない。

日本ではブームが起こらず、トランプ関連本は苦戦しているそうです。 (現時点で48冊も出ているトランプ本の売れ行きは8年前のオバマ関連本の3分の1) アドバイス→時間の浪費です。嘘つきトランプ関連本は屑籠に捨てましょう。 pic.twitter.com/h77yZAiOZv

トランプタワー付近の店舗も大変そう

本店はトランプタワーのすぐ隣という立地

ニューヨーク5番街にある本店は、全世界での売り上げの10%近くを占めているが、地元メディアによると、去年のクリスマス商戦での売り上げが、前の年に比べ14%も減少したという

「ティファニー」は5日、経営トップが辞任したことを発表した。 ティファニーは、理由を明らかにしていないが、隣にあるトランプタワーの厳しい警備の影響で、本店の売り上げが減ったことが原因とみられている

1 2





vortexxxさん