1. まとめトップ

京言葉 京都弁

更新日: 2017年11月15日

sararaouさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
6 お気に入り 518 view
お気に入り追加

あ行

あいさ:間 時々 たまに
「仕事のあいさにでもまた連絡しますわ」

あいのひ:空いている日 予定の無い日
「あいの日があったらその時にでも会いましょか」

あがる:北へ行くこと
「四条上ったとこに美味しいお店があるわ」

あかん(あかへん、あきまへん、あかしまへん):だめ いけない 役に立たない
「そんなんしたらあかん。絶対あきまへんで」

あじない:美味しくない まずい
「このうどん味ないわ」

あて:わたし
「それあての本ですわ」

あてもん:くじ 懸賞
「夜店であてもんでも引こか」

あない(あないに):あんなに あんな風に
「あない酷いこと言わんでも」

あほらし(あほくさ):ばかばかしい くだらない
「つまらんことに付き合わされてあほらしなって来た」

あらへん:ない
「身も蓋もあらへん」

あんさん:あなた
「あんさん何してますのん」

あんじょう:上手く 上手に 上手い具合に
「一人であんじょうやりや」

いーひん:いない
「誰もいーひん」

いけず:意地悪 意地の悪い人
「いけずばっかりせんと仲ようしいや」

いちびる:ふざける 調子に乗る
「いちびってんと早よ勉強しい」

~いで:~しないで ~しなくて
「そんなん知らいでも生きて行けるわ」

いてる:居る
「いま家にいてるけど」

~いな:~だよ ~してよ
「忙しいてどこがいな。ええからさっさとこっち来(き)いな」

いぬ:帰る
「そろそろいぬわ」

いらう:触る いじる
「そんな汚いもんいらいなや」

いらち:落ち着きのない人 気の短い人
「あんさんホンマにいらちやな」

いらんこと:要らないこと
「すぐいらんこと言う」

いわす:言わせる 音を出す やっつける
「ガタガタ言わさな片づけられへんのかいな」
「ゴチャゴチャ言うとったらいわすど」

うち:わたし 家
「今日うちら買物に来てんけど、一緒にうち来る?」

うっとこ:わたしの家 わたしの所
「うっとこ今日すき焼きやて」

うつる:似合う
「その着物よう映ってはるわ」

~え:~よ ~か
「美味しいわらび餅どすえ」
「どなたはんどすえ?」

ええ:良い
「ええ天気で気分よろしいな」

えげつない:酷い 悪どい ずうずうしい
「その言い方はえげつないですわ」

えらい(えろう):大変 辛い 非常に
「えろう遅くなってしもたけど、早よ歩くのもえらいわ」

えんばんと:運悪く あいにく
「せっかくですが、えんばんと父は出掛けてしもて」

おいでやす(おこしやす):いらっしゃいませ
「おいでやす、今日はどちらから?」
「おこしやす、お待ちしておりました」

おいど:お尻
「頭隠してもおいどが見えてますわ」

おいない:おいでなさい 来なさい
「いっぺんうっとこおいないな」

おおきに:ありがとう
「手伝ってくれておおきに」

おかいさん:粥
「おかいさん作ったろか」

おかえりやす:お帰りなさい
「早よお帰りやす」

おきばりやす:頑張ってください
「お仕事おきばりやす」

おくない:ちょうだい ~してちょうだい
「草もち6個おくない」

おくれやす:ください ~してください
「ちょっと待ってておくれやす」

~おし:~しなさい
「服装をちゃんとしおし」

おす:あります ~です
「それと同じのやったらここにおすけど、違うのでもよろしゅおすえ」

おはようおかえり:いってらっしゃい
「気をつけてお早うお帰り」

おぶ:お湯 お茶
「このおぶ熱おすなあ」

おへん:ない ありません
「ちっとも面白いことおへんな」

おます:あります ございます
「少しだけならおます」

おまっとうはん:お待ちどうさま
「えらいおまっとうはんどしたな」

か行

かいらしい:可愛い 可愛らしい
「かいらしい子やね」

かかり:はじめ
「七月のかかりから祇園祭りどすえ」

~かて:~も ~だからって ~だけど
「そんなん言うたかてしゃーない」

~がな:~じゃないの ~だってば
「だからアカン言うてるがな」

かなん:かなわん かなわない
「そんな無茶なこと言われてもかなんわ」

かます:くらわせる
「一発かましたろか」

かぁにかまれる:蚊に刺される
「竹やぶ行ったら蚊ぁに噛まれた」

かまへん(かましまへん):構わない
「そんなんかましまへんので気にせんといてください」

かやす:返す
「貸したもんは早よかやして」

~からに:~しておいて ~のくせに
「偉そうにしてからに、ぺーぺーのくせに」

かんにん:ごめん 勘弁
「悪気はないねん堪忍したってんか」

きいつけて:気をつけて
「車多いし気いつけて」

きくな;春菊
「鍋に菊菜入れたら美味しおすえ」

きす:着せる
「お人形さんに服着したげて」

きずつない:申し訳ない 心苦しい

「えらい気いつこうてもろて、きずつないことです」

きばる:がんばる
「明日試験ですか、お気張りやす」

きやはる:来られる
「もうすぐお客さんが来やはるえ」

ぎょうさん:たくさん いっぱい
「特売日やから仰山の人やったわ」

きょうび:最近 近頃
「きょうびの若もんは何考えてるか判りまへんな」

ぐじ:甘鯛
「このぐじ美味しいわ」

~ぐち:~ごと ~のまま
「りんご皮ぐち食べたった」

ぐつわるい:都合が悪い 具合が悪い
「バレたらぐつ悪いことになるえ」

けったい:おかしな 変な
「なんやけったいなお人どすな」

げんくそ(げんくそわるい):縁起が悪い 縁起でもない
「正月早々寝込むとかげんくそ悪いわ」

こうと:地味 上品で質素なこと
「こうとな色の着物ですな」

こそばい:くすぐったい
「褒められるとこそばなって来る」

ごっつお(ごっつおはん):ごちそう ごちそうさま
「えらいごっつお、ごっつおはんどした」

こら:これは
「こら中々ええ品ですわ」

さ行

さいなら:さようなら
「ほな、さいなら」

さいぜん:さっき いましがた
「その人やったらさいぜん来ましたえ」

~さかい:ので ~だから
「そやさかい言うたやろ」

さがる:南へ行くこと
「四条通りを下がったところにある」

さぶいぼ:鳥肌
「怖い映画見たらさぶいぼ出たわ」

さよか:さうか そうですか
「さよか、それは良かった」

さらえる:残さず取りのぞくこと
「鍋に残ってるもんさらえてしもて」

~し:~ので ~だから
「雨やし行くのやめとこか」

~しい:~する人
「ええかっこしいやな」

~しいや:~しなさい
「早よしいや」

~しな:ついで 途中で
「行きしな買うて来てん」

しんどい:疲れた 辛い
「寝不足でしんどいわ」

しんきくさい:じれったい 気がめいる
「あんたのしんきくさい顔見てたら、こっちまで参るわ」

すかたん:見当はずれ とんちんかんなこと
「バイトの子、すかたんばっかりで話にならんわ」

すこい:ずるい
「あんさん、すこいことしはりますな」

すんまへん:すみません ごめんください
「いつも気いつこうてもろてすんまへん」

せきもん:急な仕事 急ぎのもの
「せきもんですけどよろしゅう頼んます」

せわしない:忙しい 落ち着きがない
「忙しないからじっとしとき」

せんど:勝負どころ さんざん たびたび
「ここからがせんどやてせんど言うてるやろ」

そうろと:そっと ゆっくり
「道凍ってるさかい、そうろと歩かな危ないで」

そや:そうだ
「そらそうやな」

そやかて:そうだとしても
「そやかて悪いのはあんさんの方でっしゃろ」

そやさかいに:だから そうだから
「そやさかいに、やめとけ言いましたやろ」

た行

たいたん:炊いたもの 煮物
「おいもさんの炊いたん」

たんと:たくさん 多く
「仰山あるし、たんとお上がり」

たまで:まるっきり ぜんぜん
「あの人最近はたまで見掛けへんな」

たんねる:尋ねる
「誰かたんねて来たで」

ちゃう:違う
「それはちゃうちゃうとちゃうんちゃいますか」

~ちゅう:~という
「なんちゅうこっちゃ」

ちょぼちょぼ:同じ程度 どっちもどっち
「あんさんとこもうっとこも、お客さんの数はちょぼちょぼどすな」

ちりし:ちり紙

ちんまり:ちいさい こじんまり
「ちんまりとした落ち着く店やわ」

つねぎ:普段着
「つねぎばっかり着てんと、たまにはよそいき着たらどない」

でける:できる
「ぐずぐずしてたら、でけるもんもでけへんで」

てれこ:さかさま あべこべ
「箱がてれこに積んであるわ」

~てんか:~てよ ~くれ
「ええ加減にしてんか」

でんぼ:こぶ 腫物
「頭にでんぼできてしもて痛おすわ」

~といやす(~といやしたら):~されたら ~してこられたら
「いっぺん弁護士さんにでも相談に行っといやしたらどうどす」

どうえ:どうですか
「ごはんのお代わりどうえ?」

~とくれやす:~してください
「また来とくれやす」

~どす:~です
「へぇ、そうどすか」

~どっしゃろ:~でしょう
「三千院の紅葉はほんまに綺麗どっしゃろ」

な行

なおす:片づける
「出したもんはもとの所にちゃんと直しなさい」

~なはい(~なはれ):~なさい ~しなさい
「待ってるさかいに早よしなはれ」

なり:容姿
「そんな汚いなりして近所歩かんといて」

なんぼ:いくら
「なんぼ言うてもあきまへん」

におぐ:匂う 臭いをかぐ
「ちょっとこれにおいでみ」

にじくる:なすりつける
「泥の付いた手でにじくらんといて」

にぬき:ゆで卵
「このにぬき、殻むきにくい」

~にゃ:~よ ~だ
「そんなんしたらアカンにゃで」

ぬくい:あたたかい
「ぬくぬくのお饅頭食べや」

ねき:傍 傍ら 近所
「タンスのねきに置いといて」

ねちこい:粘り強い しつこい
「ねちこい性格やって言われへんか?」

ねぶる:なめる
「飴さん噛まんとねぶってなさい」

のうなる:なくなる
「大事にしてたのに、のうなってしもた」

のく;どく 退く
「邪魔やからちょっとのいて」

~のん:~のね ~のもの ~こと
「その車うちのんえ。これから伏見まで行くのんえ」

は行

はしこい:素早い
「怒ったろ思たらもういやへん。はしこい子ぉやわ」

はしり:流し台
「洗うもんはしりに持って来てや」

はばかり:トイレ
「すんまへん、はばかりどこですか?」

~はる(~はった):~される ~された
「清水はん行ってきはったんやて?今度はどこ行かはるのん?」

~はん:~さん ~様
「誰がおばはんやの、おねえさんと呼びなさい」

はんなり:上品で華やかな様子 色や景色が明るいさま
「はんなりしたええべべ着たはりますわ」

ひがしいる:東西の通りを東へ行く 交差点を東に折れたところ
「東入ルとか西入ルとか、知らん人はややこしおすな」

ひち:しち なな
「いち、にい、さん、しぃ、ごぉ、ろく、ひち、はち、くぅ」

ひっつく:くっつく よりそう
「磁石に釘がひっついた」

ひらう:拾う
「タクシー拾うて帰るわ」

~ひん:~ない
「もうしいひんから堪忍え」

へえ:はい はぁ
「へえ、そうどすけど」

べべ:服 着物
「ええべべ着せてもろて」

べべ(べべた):びり 最下位
「運動会のリレーでべべになってもうた」

~へん:~ない
「今忙しいから行かれへん」

ほかす:捨てる
「ゴミほかしといて」

ほたえる:たわむれる 暴れる 騒ぐ
「そんなとこでほたえたら人様の邪魔になるえ」

ほな:それでは
「ほなさいなら」

ほんで:それで
「ほんでこれからどないします」

ほんなら:それなら
「ほんならぼちぼち帰りますか」

ま行

まどす:償う 弁償する
「壊したらちゃんとまどしてや」

むつかしい:むずかしい
「またむつかしいこと言わはりますな」

めいぼ:ものもらい
「めいぼでけてかなんわ」

もうた:貰った
「おばあちゃんからええのんもうた」

~もうた(~しもうた):~してしまった
「お菓子いっぺんに食べてもうた」

もっさり:野暮ったい 垢抜けないさま
「あんさんもっさりしてますな」

~もって:~しながら
「アイスクリーム歩きもって食べよか」

や行

や:~なさいよ ~ね
「遅なるで、早よ起きや」

~や:~だ
「なにしますのや」

~やす:~なさい
「ごめんやす、どなたかおいやすか」

~やない(~やあらへん):~ではない
「うちらのバスはそれやおへん」

ややこしい:複雑 わずらわしい
「そんなややこしいこと言われても判りまへんわ」

~やんか:~じゃない
「なかなか歌上手いやんか」

ようけ(ようさん):たくさん ぎょうさん
「お腹空いてるからようさん食べるえ」

~よって(~よってに):~から ~だから
「そやよってに堪忍言うてるやんか」

よばれる:ごちそうになる
「晩ごはんよばれて来た」

よる:おる
「つまらんことしよるな」

ら行、わ行、ん

ろおじ:路地
「そこのろおじ入って行きはったらよろしいわ」

わて:わたし
「わてこう見えてもけっこう歳いってますねん」

わや(わやくちゃ):滅茶苦茶 台無し
「大事な話があったのにわやになってもうた」

ん:の
「へぇ、そんなんするんや」

~んと:~せずに
「ごろごろしてんと手伝ってや」

~んとく:~ないでおく
「悪口あんまり言わんとくわ」

1