1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

羽生結弦選手を超えて優勝!! ネイサン・チェン選手の凄さとは・・?

四大陸選手権はアメリカのネイサン・チェン選手が初優勝を果たしました。日本選手の結果やネイサン・チェン選手の凄さなどについてまとめてみました。

更新日: 2017年02月19日

涼泉有樹さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
14 お気に入り 64997 view
お気に入り追加

・四大陸選手権でネイサン・チェン選手が優勝!!

SP首位のネイサン・チェン(米)がフリー2位となり、合計307・46点で優勝した。

SP1位の17歳の全米王者ネイサン・チェン(米国)が合計307・46点で逃げ切り優勝した。

四大陸選手権が韓国で行われ、全米選手権王者のネイサン・チェン選手が羽生結弦選手を抑えて見事優勝を果たしました。

・絶対王者の羽生結弦選手は2位に終わる…

男子でショートプログラム(SP)3位の羽生結弦(ANA)はフリーで1位と巻き返したが、合計303.71点で2位にとどまった。

絶対王者の羽生結弦選手はインフルエンザなどで満足な調整ができず、4回転サルコウが2回転になるなどのミスが出ました。

SP2位の宇野昌磨(中京大)はフリーで順位を落としたが、自己ベストを2.98点更新する288.05点で3位に入った。

日本勢の宇野昌磨選手はSPで100点越えを果たし、フリーでも自己ベストをたたき出して3位に入りました。

・チェン選手はSPでは歴代3位の記録をマーク!!

17歳のチェンが世界歴代3位の103.12点で首位に立った。

SP世界歴代3位の103・12点をたたき出して「とてもいい点数が出た。最高の気分」。

16年GPファイナル銀メダリストのチェンが、宇野に先立ち史上3人目となるSP100点超えを果たした。

ネイサン・チェン選手は四大陸選手権のSP(ショートプログラム)で世界歴代3位の記録で首位に立ちました。

・ネイサン・チェン選手の強さは?

ネーサン・チェン(17=米国)が史上初めて一つの演技の中で5本の4回転ジャンプを成功させ、318・47点で優勝した。

ネイサン・チェン選手は全米選手権のフリーで世界で初となる、4回転を5本決めて世界中から注目を集めました。

1 2





涼泉有樹さん

いろいろな分野のまとめを書いていきます。
ぜひ、まとめをチェックしてください。



  • 話題の動画をまとめよう