1. まとめトップ

清水富美加のゲス不倫相手「A」が判明!ベッキーも苦しむ「にじいろジーン」の呪いが話題に

連日報道を賑わしている出家騒動の清水富美加さん。電撃出版した告白本「全部、言っちゃうね。」のインタビュー内容から、元交際相手で人気ロックバンドのメンバーとされる「A」に注目が集まっている。交際は順調であったものの、Aが既婚者であることが判明し、交際を断念したそう。

更新日: 2017年02月26日

1 お気に入り 22774 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nanochaさん

▼清水富美加、元交際相手は「人気ロックバンドのA」”ゲス”に苦悩

2017年2月17日に幸福の科学に出家した清水富美加さんがインタビュー本『全部、言っちゃうね。』を発売。実はその本の中に、「悩みの種だった好きな人も忘れました」と書かれていた。

清水が「悩みの種だった」と明かした元交際相手が人気ロックバンドのメンバーAであることが18日、分かった。

複数の音楽関係者が「最近、彼女が交際していたのは、彼しかいなかったと思います」と証言した。清水とAは2014年に番組で共演したことで出会った。清水がロック好きだったこともあって意気投合し、交際に発展したという。
衝撃的な内容が書かれている本の中で、特にファンの物議を醸しているのが「具体的には、悩みの種だった好きな人も忘れました」の一文。

この元交際相手は大型音楽フェスでヘッドライナーを務め、若者を中心に支持を広げている人気ロックバンドのメンバーA。同バンドは近年、映画の主題歌も手掛けるなどしており、音楽番組で目にする機会も多い。

清水はAの影響を大きく受けていたようで、ギターの練習にも励んでいた。15年1月には「ギター買ったの。もうおまえしかいない、って感じなのです。」とツイッターにも書き込んでいる。

順調だった交際は突然、暗転。Aには「既婚者」という大きな隠し事があった。その事実を知った清水は別れようとしたが、好きになった思いは簡単には断ち切れず悩んでいたという。

「清水さんはAさんの方から結婚していることを告げられたと思います。清水さんからしたら、たまらなかったでしょうね」「清水さんとAさんは去年別れていると思います。司会を始めた時に交際が続いていたとしたら清水さんは精神的にもつらかったはずです」(音楽関係者)

▼人気ロックバンドのメンバー「A」とは誰か?

告白本「全部、言っちゃうね。」のインタビュー内容から、元交際相手で人気ロックバンドのメンバーとされる「A」に注目が集まっています。

▼清水富美加の元彼氏Aについて
・元交際相手は若者を中心に支持を広げている人気ロックバンドのメンバーA
・大型音楽フェスでヘッドライナーを務めたこともある
・同バンドは近年、映画の主題歌を手掛けており、音楽番組で目にする機会も多い
・既婚者だが公表はしていない

▼清水富美加とAの交際経緯
・清水とAは2014年に番組で共演したことで知り合った
・清水がロック好きだったことから意気投合して交際に発展
・清水はAの影響を大きく受けており、2015年1月には「ギター買ったの。もうおまえしかいない、って感じなのです。」とツイートしていた
・しかし、ある時、Aの方から既婚者である事実が告げられた
・清水は中々思いを断ち切れず悩んでいたが、2016年に破局したとみられる
・これらは複数の音楽関係者の証言

・Nコンマガジン ハモリ倶楽部
(2009年、NHK教育)

・スペシャエリア
(2013年10月~、スペースシャワーTV)

・シブヤノオト(SHIBUYA NOTE)
(2016年4月~不定期、NHK総合)

ネット上では、オカモトズ(ハマ・オカモト)、アレキサンドロス(川上洋平)、Acid Black Cherry(yasu)、KANA-BOON、RADWIMPS、ONE OK ROCK、THE ORAL CIGARETTES、9mm Parabellum Bullet、氣志團(綾小路翔)などの名前が挙がっていました。

一部スポーツ紙で、ABCのボーカリストyasuの名前も挙がっていた。突然の疑惑に困惑するファンの声を受け、公式ツイッターは19日に明言。

【TEAM ABC】ブログを更新しています! しつこいようですが、ブログに写る手は、yasuさんの手ではありません。ちなみにyasuさんは、既婚者でもありません(笑)。パッケージに関するブログ、是非チェックしてくださいね! amba.to/2lXheS8

@TeamABCofficial 爆笑しました! 既婚者リストに挙げられてyasuさんが一番驚いたでしょうね(;゜∀゜) 既婚者でも独身者でも大好きですよー!

現在ネット上で有力だと考えられているのは下記4組のメンバー。
川上洋平(アレキサンドロス)・・・清水富美加の使用ギターと同じものを使用しているらしい
ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)・・・一緒に『清水富美加バンド』というものを結成していた
谷口鮪、古賀隼斗(KANA-BOONのメンバー)…条件に当てはまるバンドでギターを弾くメンバー
菅原卓郎、滝善充(9mm Parabellum Bulletのメンバー)
この中で結婚している事実を確認できた人物は、菅原卓郎さん(9mm Parabellum Bullet)だけ。ただ、「Aは結婚の事実を公表していない」とのことなので、そのことと矛盾する。

Aの所属事務所は、清水との交際について「把握していない」とコメント。既婚者ということには「公表していないが、事実です」と認めた。

飯田が21日、所属事務所を通じコメントを発表。清水との不倫を認め「私の軽率な行動で、清水さん、関係者のみなさまにご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ございません」と謝罪した。進退など今後の活動については触れていない。

人気ロックバンド「KANA―BOON(カナブーン)」のベーシスト・飯田(めしだ)祐馬が、宗教法人「幸福の科学」に出家した女優・清水富美加と不倫交際していたことが20日、分かった。

飯田の所属事務所は当初、「2015年6月から9月まで交際していたことは事実です」としていたが、2月21日になって飯田本人がファクスで「清水さんに対する自分の気持ちを断ち切ることができず、妻との離婚をほのめかしつつ、2016年1月まで交際関係を続けてしまいました」と述べ、事実関係を訂正した。
飯田の事務所関係者は「週刊文春」の取材に対し、2月20日は「一昨年の9月に別れて以来、清水さんとは一度も会っていないし、連絡も取っていないんです。これは事実なんですよ」と強調していた。翌日になって訂正したことについて、「本人が嘘をつきとおせないと考え直し、真実を話したようです。

「飯田祐馬の報道につきまして」

一連の報道にあった通り、私、KANA-BOONベース担当 飯田祐馬は、既婚の身であることを隠し、清水富美加さんと交際をしておりました。

私は2014年4月に一般人女性と入籍致しました。しかし、私は、既婚の身でありながら、そのことを隠し、2015年6月から、清水さんと交際を始めました。
2015年9月に清水さんに既婚の事実を打ち明け、謝罪しましたが、清水さんに対する自分の気持ちを断ち切ることができず、妻との離婚をほのめかしつつ、2016年1月まで交際関係を続けてしまいました。
このことで、清水さんや妻を傷付けてしまったのは事実であり、その事実に誠意を持って向き合い、深く反省しております。
また、清水さんと交際していたことについて、妻と妻の両親に謝罪をし、夫婦間では解決しております。

私の軽率な行動で、清水さん、関係者のみなさまにご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ございません。
また、いつも応援してくださっているファンの皆様を悲しませてしまったことを心よりお詫び申し上げます。

2017年2月21日
KANA-BOON 飯田祐馬

▼松本人志がワイドナで言及「ファンと付き合うのはアマチュア」

お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が26日、フジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)に出演。清水富美加と飯田祐馬の不倫騒動について言及した。

続けて「ファンですっていうのは、一回こっきりにしといた方がいいんですよ」と発言すると、MCの秋元優里アナウンサーは「ひどい話ですね」と苦笑いを浮かべた。

松本はタレント・ベッキーと不倫騒動を起こしたゲスの極み乙女・川谷絵音も引き合いに出し、学生時代からモテてたタイプではないと分析し、「キャーキャーって女の子が寄ってくるようになってからの歴が浅いと思う。ましてや女性タレントからファンですって言われたら、テンションが上がってしまって付き合おうってなってしまうんですけど、“キャーキャー歴”が10年くらいになると、ファンですって言われても『ありがとう』で済むようになってくる」と持論を展開。

▼ネット上では、「にじいろジーン」の呪いがささやかれている。

1 2