1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ドラマのために丸刈り&過酷な肉体改造…山田孝之の役作りがスゴかった

俳優の山田孝之が、ビートたけし主演で吉村昭氏の傑作小説をドラマ化する「破獄」に出演していることがわかった。ニュースをまとめ。

更新日: 2017年02月20日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
44 お気に入り 160810 view
お気に入り追加

○俳優の山田孝之が「破獄」に出演

俳優の山田孝之が、ビートたけし主演で吉村昭氏の傑作小説をドラマ化する「破獄」に出演していることがわかった。

○「破獄」は同名小説のドラマ化作品

関東大震災で妻と子供を失い、脱獄阻止に命を燃やす人情派看守・浦田進(ビートたけし)と、彼の前に現れる天才的脱獄犯・佐久間清太郎の闘いを描く。

殺人の罪で無期懲役囚となり、過去に唯一優しく接してくれた浦田を慕っているが、人間離れした身のこなしと腕力で脱獄を繰り返す。

○役作りのため丸刈り

台本を読んだ時に「これは心身共にボロボロになるだろうなと思いました」という山田

役作りのため丸刈りにし、同ドラマの仕事以外は断り、厳しい食事制限と肉体改造をして撮影に臨んだという。

○厳しい食事制限と肉体改造をして撮影に臨んだ

4度もの脱獄を成功させた体力や精神力を体現するために、厳しい食事制限と肉体改造を行うなどして、自らを追い込んだ。

「その素直さからくる行動や言動が人からは理解されず、恐怖にすら感じてしまう。そう思ったので僕も素直な気持ちで佐久間として生きました」と撮影を振り返った。

プロデューサーの田淵俊彦によれば、刑務所の緊張感を表現し、ビートたけしと敵対できる力量を持った俳優として即座に山田の名前が上がったという。

○山田孝之のコメントは…

山田は同作への出演について「これは心身共にボロボロになるだろうなと思いましたが、不思議なもので挑戦したくなるんですよね」とコメント。

ビートたけしとは初共演となるが「今までご縁が無くお会いするのは今回が初めてでした」という山田

ビートたけしとの共演は今回が初となり、「北野武さんとしてもお会いできる日を楽しみにしています」と意欲を見せている。

○このニュースはネットでも話題になっています

破獄山田孝之さんか!山田孝之さんがたけしさんに懐くのか!

何気に私、山田孝之さんのファンでして。たけしとの共演ドラマ、楽しみです。

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。



  • 話題の動画をまとめよう