――大学で東京に出て、就職も最初は東京のみだったそうですが、どうして地元である岩手を出ようと思ったんですか?

「大学進学の時には、岩手の良さは岩手を出てみないと分からないと思ったんです。客観的にいろんな視点から岩手を見れるようになることがこれからは必要だなって」

「就職の時はすごく悩みましたが、東京で仕事している岩手出身の人や岩手で仕事している人と接触するなかで、何年かは東京で人脈やスキルを吸収した上で岩手に戻った方がいいと思うようになりました」

――最初から岩手に戻る前提での就職だったんですね。

「そうですね。最近は岩手での仕事も増えてきて、複数の仕事をもつ『複業』という形で徐々に岩手にシフトしていこうと思っています」

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【就活の新常識】 「地方か東京」はもう古い⁉

地方出身者の就活の悩みといえば「地元か東京か問題」。地元に残るのか、「いい仕事」を求めて東京に出るのか。非常に迷いますよね。結局、地方と東京ってどっちがいいの?地方と東京を知り尽くす先輩に話を聞いてきました!

このまとめを見る