1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

清水富美加だけじゃない...自著で"過去を暴露"した有名人は多かった

先日、出版された清水富美加の著書「全部、言っちゃうね。」。赤裸裸に自身を語る内容となっていますが、自著で"過去を暴露"した有名人は多いようです。

更新日: 2017年02月21日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 20742 view
お気に入り追加

先日、出版された清水富美加の著書「全部、言っちゃうね。」

自身の出家騒動の顛末を記した書籍『全部、言っちゃうね。』を幸福の科学出版から発売することを明らかにした

12日に騒動が発覚してからわずか5日の書籍発売ということもあって、清水の出版を発表したツイートに対し、ファンなどからは戸惑いのコメントが数多く見られた

赤裸裸に自身を語る内容となっている

「悩みの種だった好きな人も忘れましたし、たばこも止めました。喫煙者だったんですよね」と具体的な変化も明かした

「水着のお仕事」やファンとの触れ合いについて、「(握手会で)手がぬるぬるしているおじさんとかに、すっごい気持ち悪い握手のされ方をする」と振り返った

▼過去にも本で赤裸々に語った有名人は多かった

華原朋美「華原朋美を生きる。」

赤裸々過ぎる内容に朋ちゃんの誠実さと真剣さが表れていて、ウルウル来ました華原朋美を生きる。

薬物だけではなくタバコ、また暴力を振るう恋人の存在。自身のネガティヴな面も隠すことなく記されている

「もうその頃には、私は睡眠薬や精神安定剤が手放せなくなっていたのです。もちろん、正しく使えばまったく問題ないもの。でも、私は苦しさをなんとかしたいがため、そこに頼るようになっていったのです」

長谷川理恵「願力 愛を叶える心」

「あなたは僕と同じ姓になるんだよね」「結婚したら家を建てようよ」と、神田が結婚を意識したような発言をしていたことを暴露

「私たちはいつでも子供を授かってもいいと思っていた」「毎月、妊娠検査していたし、検査薬もたくさん買いだめていた」とナマナマしく告白

実名は明かしていないが、石田純一との一件で、不倫にはトラウマがあることから、今度のお相手とは離婚成立後にプロポーズを受け入れたという

梅宮アンナ『「みにくいあひるの子」だった私』

文中では「あの彼」と固有名詞を避けたタレントとの、愛と金銭問題の5年間は、読者が最も興味をそそられる部分だと思う

「写真集は借金返済のためでなく、純粋なメモリアルのためにやったこと」「(沖縄での出店に関して)私は今でも毎月100万円の借金を返済している」

YOSHIKI 「洗脳 地獄の12年からの生還」

Toshlの元妻である守谷香とMASAYA氏が結託し、Toshlがミュージシャンとして稼いだ売り上げをすべて搾取したこと、反発すると「化け物アゴ男」「宇宙的犯罪者」とののしられ、殴る蹴るの暴行を受けていたことなどが明らかにされている

1 2





musinoneさん

のほほんとまとめています。

このまとめに参加する