1. まとめトップ

清水富美加、不倫していた。KANA-BOONの飯田祐馬と

千眼美子、告白本「全部、言っちゃうね。」、カナブーン、めしだゆうま、NHK朝の連続テレビ小説「まれ」、ベッキーと川谷絵音のゲス不倫騒動で決断

更新日: 2017年02月22日

curatorさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 54581 view
お気に入り追加

清水は千眼美子名義で17日に出版した告白本「全部、言っちゃうね。」で、出家にあたり「悩みの種だった好きな人も忘れました」とつづり、相手が注目されていた。

相手は、人気ロックバンドのベーシスト

KANA-BOON(カナブーン)は大阪出身の男性4人で結成され、2012年に音楽オーディションでグランプリを受賞。13年9月にシングル「盛者必衰の理、お断り」でメジャーデビューした。

身長165cm、体重53kg。現メンバーの中で唯一の非オリジナルメンバーで、通っていた高校も別だった。

苗字自体は本名だが「めしだ」という読み方は芸名である。

すでに破局しているが、所属事務所に報告した

2人は14年にテレビ番組での共演をきっかけに交際に発展。後に飯田が既婚者であることを明かし、昨年春頃には別れた。

「奥さんに関係を知られ、別れ話になったことが破局の理由だということです」(飯田の所属事務所)

飯田は破局したとはいえ、清水が仕事や今までの友人関係を断ち切り、突然出家という行動に出たことの一つの要因になったかもしれないことに責任を感じ、事務所側に全てを明かした。

「本人は清水さんに対して本当に申し訳ないことをしたと深く反省している。どんな処分でも受けると言ってます。今回の件については奥さんとも十分に話し合い、2人の間でも解決したとは聞いています」と説明した。

飯田の所属事務所

交際していたのは、朝ドラ「まれ」に出演していた頃

清水と飯田の交際は、ベッキーと「ゲスの極み乙女。」川谷絵音(28)の交際時期よりも前だった。飯田は結婚の事実を清水に告げていなかった。

2人の交際期間は、ちょうど清水がNHK朝の連続テレビ小説「まれ」に出演していた時期でもある。清水はベッキーの後任として「にじいろ〜」に出演することについて悩み、”ある行動”をとったという。詳しくは2月23日(木)発売の「週刊文春」で報じる。

リンク&ニュース

1





気になること、疑問に思ったことの
スクラップ&コラージュです。

最新まとめ情報
http://goo.gl/f3jDH

人気まとめベスト10
http://goo.gl/598RT