1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

半分が人間、もう半分は・・・架空の生物が登場するマンガまとめ

半獣半人や半人半妖など、架空の生物が登場する漫画をまとめました。(人馬、モンスター娘のいる日常、黎明のアルカナ、誰かカフカを守って、CLAYMORE、MOTHER)

更新日: 2017年03月13日

sryamaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
209 お気に入り 154616 view
お気に入り追加

◎『人馬』 墨佳遼

古来よりこの国に住まう、半人半馬の種族「人馬(じんば)」。時は戦国。人は彼らを「戦の道具」と見なし、その尊厳を奪った。

人馬買ってきて読み終わったとこなんだけど、すごい面白い…引き込まれる…松風の力強さすごい…子雲雀過酷な環境でめっちゃ頑張ったじゃん…すき……

今日買った漫画、人馬 めちゃくちゃ面白かった…!! 立ち読みでビビッときて即買いして即読んだ!!ここ最近で一番面白い漫画かもしれない…!!!! pic.twitter.com/m2Ev0tGf2Q

◎『モンスター娘のいる日常』 オカヤド

一人暮らしの主人公少年の家に、ラミア、ハーピー、ケンタウロス……といった人外娘たちが、なぜか続々と同居することになって……

『モンスター娘のいる日常』 オカヤド 有名なWeb漫画の書籍版。Webの再掲かとおもったら完全オリジナルでストーリー仕立てで面白い。異種族美少女ハーレムですな。Webの黒さもちょっとだけ残ってていいですな。

「モンスター娘のいる日常」が面白い。軽い読感だけど漫画としてちゃんと面白くて良い。いわゆるドッキリエロス系なのに話、絵、キャラクターに隙がない・・・恐ろしい。

Kindleアンリミテッドでモンスター娘のいる日常を読み進めているのだが、これがまた凄く面白い。 Kindleアンリミテッドって、DL数に応じて著者に収益があるのか気になるけど、どうなんすかね?

◎『黎明のアルカナ』 藤間麗

王家の娘・ナカバは、敵国の王子・シーザの元へ、たった1人の従者・ロキを連れ、人質として嫁ぐことに。王子は、華麗な外見とは裏腹に、強引でわがままな性格。しかも、愛人までいる始末。

黎明のアルカナ、最後まで読んでから最初から読み返すと、あの人が全然違って見えて面白い♪

というかですね、黎明のアルカナまじで良いので読んでください。少コミなのにエロ要素ないんです。びっくり。 でね、ロキがとてもカッコ良いのです。あと、半獣とか好きなお方は是非読むべきだし、アーキルがとてもかわいいのですよ。カインのあたりも少し悲しいね。でもそれでこそ少女漫画なんだよ。

藤間麗先生『黎明のアルカナ』国の為に従者ロキを連れてシーザの嫁に。黒髪は貴族、その他は平民。半獣半人の亜人は奴隷。ナカバは過去未来を視れる刻のアルカナで歪な世界を変える。切ない場面が多く最後はびっくりして号泣。主人公の強さに胸打たれる pic.twitter.com/n6cAvU6kWB

◎『誰かカフカを守って』 井田ヒロト

ネットで話題の都市伝説「片面男」は、顔の右半分が焼けただれ、その正体は半獣半人の新生物、凶悪犯、UMA、妖怪等様々な姿で語られていた。

井田ヒロトさんの「誰かカフカを守って」、思いがけず面白かった。奇妙な人間が多いのは相変わらずなので読めた。

レビューが謎過ぎて気になって「誰かカフカを守って」という漫画を買ってしまった。本編も好きなかんじでしたが。群馬が全部持っていってしまう。

井田ヒロトの「誰かカフカを守って」一巻面白かった。やっぱ井田さんの漫画は好きだなー。おまけマンガの、「お前ら群馬をなんだと思ってるんだー!!」で吹いた笑

◎『CLAYMORE』 八木教広

古より人が「妖魔」に喰われる存在であったこの世界。人は長く妖魔に対抗する手段を持てずにいた…。だが背に大剣を背負い、妖魔と戦い続ける一人の戦士が現れ…

久しぶりにCLAYMORE全巻読んだけどやっぱり面白いわ ディートリヒ可愛い

『CLAYMORE』基本復讐劇という形を取っているのだが、仁と義をとことん描いたダークファンタジーの良作。人として何かの為誰かの為に行動を起こすという事を、半人半妖のクレイモアという存在が行うという構図が実に面白い。下世話な言い方で絆以上百合未満な部分も良し(普通に友情と言え)。

1 2





sryamaさん

漫画や小説、映画など「エンタメ・カルチャー」をメインにまとめています。

このまとめに参加する