1. まとめトップ

春の男前【トレンチコート】着こなし 2017 トレンド メンズファッション

日差しが春めいてきましたアウター選びも迷う今日この頃。そこで1着持っていいると便利なトレンチコート、の着こなしです。

更新日: 2017年02月24日

10 お気に入り 17151 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

vanilla20さん

【トレンチコート】とは?

第1次世界大戦の折,イギリス軍が西部戦線での長い塹壕(トレンチ)戦に耐えるために,悪天候用の防水レインコートを作ったのが初めで,やがて民間にも広まり,世界的に普及した。男女ともに愛好され,日本でも1930年代から用いられている。ラグラン袖にエポレット(肩章)をつけ,下前,または左右の胸のストーム・フラップ(雨よけ蓋)や,あごをおおうためのチン・ウォーマー,後肩を二重仕立てとしたケープ・バック,後ろ裾のボタンつきの深いセンター・ベンツなどが特徴で,すべて軍服としての機能性から生まれたものではあるが,デザイン的にもすぐれている。

元をたどれば、戦争から生まれたとは・・・。
しかしながら優れたデザインだらこそ、世界中で今もなお愛されているのも頷ける。

今春の【トレンチコート】は・・・。

薄手でこなれ感の出やすい素材のトレンチコートが出ている。
従来の張りの効いた素材より、しなやかに身を覆うので若々しい印象に。
それによって、ビジネスからカジュアルなシーンまでマルチに活躍できるアウターとなっている。

ビジネスシーンはもちろん。

ビジネスシーンに、トレンチコートは1着は欲しいアウター。

従来の生地に張りがあると型崩れしなくていいのですが、あまりパリッとしてしまうと尖った印象に。素材も今年はツヤ感のあるシャリっとしたナイロン素材のもがでているので、しなやかに羽織った方が春らしく爽やかな着こなしに。

丈は、腰が隠れ太ももくらいが着回しに重宝。
カラーは、ベージュが主流ですがビジネスシーンにはネービーも清潔感、誠実感が有り○。

覚えておきたい【トレンチコート】のベルトテクニック

ビジネスシーンのPOINT。
バサつきがちなトレンチコートをスマートに見せる。

【トレンチコート】についているベルト・・・面倒くさいのでベルトをとってしまい迷子ってことが・・・思い当たる方も多いだろう。
このように、ベルトを背中で結ぶ、またはベルトのバックルを利用し背中でベルトを普通にしめるだけで、キレイめな仕上がり。
ベルトを今まで持て余していた方に是非オススメしたい。

カジュアルも【トレンチコート】で男の色気を倍増

トレンチコートの良さは、元から持つ上品さを生かしながら今時のものを受け入れられる優秀さ。

いつものアウターを【トレンチコート】に変えるだけ

【トレンチコート】をアウターにチョイスしただけで上品さがプラス。これがMA-1なら軽めのチャライ印象になるだろう。

普段パーカーを着ていたのを【トレンチ―コート】にチェンジ。日曜のパパが一気にスタイリッシュ。デートしたくなるパパに。

シンプルな白のクールネックセーター、ボトムはテーパードシルエットのパンツの上に【トレンチコート】を羽織っただけ。普段着に【トレンチコート】だけで街着になれる。

ジムの帰り等も、男前UP。

ちょっとNG。

【トレンチコート】の上品さに頼りすぎるのもNG。
ダラッとTシャツ、よっれとチノパン・・・映画のワンシーンにもなりそうだけど・・・。猥雑さがでてしまうので注意。

【トレンチコート】のMIXチカラ

普段、メンズが持つとちょっと浮きがちなヴィトンのバック。【トレンチコート】を羽織ることで、ハイブランドのバック、靴とのバランスもとれる。
品を落とさずにMIXしてくれる。

ビタミンカラーという見た目で元気になれるカラーが流行り始めている。いち早いビタミンカラーのセーターもベージュの【トレンチコート】がMIXさせてくれている。

GジャンもMIX。異質なアイテムですが、意外にこれが相性が良い。

Gジャンのブルーが、生きた差し色に。

【トレンチコート】カラー選び

カーキ色ベージュが一般的な【トレンチコート】だけに、新鮮さが際立ちますが、スタイリッシュに着こなせるかが分かれ目。
ベージュが、3シーズンは着まわせるので、初めて購入ならば横道なベージュがよいだろう。
ネイビーは、シワが目立ちにくいので、ビジネスには一押し。

カーキ色が強いと刑事っぽくなってしまうのでご注意を。

1