1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

清水富美加不在の試写会…飯豊まりえの言葉に感動の声上がる

清水富美加の主演映画「暗黒女子」の完成試写会が行われました。清水抜きで行われた異例の会見、そこにはもう一人の主演飯豊まりえの感動的な言葉がありました。

更新日: 2017年02月22日

39 お気に入り 408304 view
お気に入り追加

・清水富美加の主演映画「暗黒女子」の試写会が行われた

映画は、秋吉理香子氏の小説「暗黒女子」を映画化。

主演する映画「暗黒女子」(4月1日公開、耶雲哉治監督)の完成披露試写会が21日、都内で行われた

同作は、嫌な読後感を抱かせるミステリーを指す“イヤミス”界に旋風を巻き起こした物語。

セレブな名門女子高を舞台に、カリスマ女子高生・白石いつみの謎の死を巡り、彼女をとりまく文学サークルの仲間たちの壮絶なダマし合いを繰り広げる。

・試写会は主演の一人がいない中で緊張に包まれた

清水富美加が欠席となりながらも決行されたことで注目されていた。

イベントは、清水が「幸福の科学」への出家騒動で欠席となりながらも決行が報じられ、注目を集めていた。

清水をのぞく主要キャストの飯豊、清野菜名、玉城ティナ、小島梨里杏、平祐奈、千葉雄大と、耶雲哉治監督、原作の秋吉理香子氏が登壇

飯豊は「役柄も学校一のマドンナということでかけ離れていたんですけど、精一杯演じました」など、撮影時のエピソードを話すものの、清水に関するコメントは一切なし。

「自分の暗黒面は?」と振られた清野は「…え、楽しかったです。話が頭に入ってこない」とコメントに詰まる場面も見られた。

・その後清水富美加の話が出ないまま最後に

耶雲監督が「清水富美加ちゃんはどうすればこの映画が面白くなるのか一緒に考えてくれたし、率先して演技プランのアイデアを出してくれました。」

「清水富美加でなければこの映画が生まれることはなかった。すごみのあるキャラクターはやばい」と演技をたたえていた。

・そして感動的なシーンが生まれた

作品は主要キャスト6人のだましあいが見どころとなっているが、飯豊は「富美加ちゃんも含めて、一生懸命作り上げたことにうそはない」とキッパリ。

左右に立った清野菜名(22)、平祐奈(18)と肩を組むと、会場から大きな拍手が起こった。

・この試写会を見た人からは?

暗黒女子の完全披露試写会のまりえってぃが泣きそうになっててもらい泣きした、、 監督さんもすごい良いこと言いすぎて感動

たまたま時間があって、暗黒女子の舞台挨拶生配信を観てたら、監督が清水富美加ちゃんは凄くいい女優さんだったて事を熱く語っていて感動してしまった。飯豊まりえちゃんの挨拶もW主演て事で2人で凄く頑張った作品なんだなというのが伝わってきて、もらい泣きしてしまった>_<

暗黒女子の完成披露試写会行って来た 富美加ちゃんは来れなくて残念だったけどまりえちゃんの富美加ちゃんへの想いには感動した 裏切りとか思ってなかったことが色々怒って本当面白い映画だった! @ankoku_movie pic.twitter.com/Ez96Gwjhv3

まりえってぃが泣きそうになってもらい泣きした たいちゃんが背中さすってまりえってぃを心配してるのが本当に仲の良さが伝わってきて感動。 まりえってぃが撮影を泣きながら頑張ってるのを監督が話してて 暗黒女子の公開、もっと楽しみになっ… twitter.com/i/web/status/8…

・最後に飯豊まりえが涙ぐむシーンも

1 2





ネットで話題のニュースを独自の視点でまとめています。
今日は何の日?
https://goo.gl/M1m8ew

このまとめに参加する