1. まとめトップ

2017年春のおすすめメイクアップ方法と、メイクアイテムのをご紹介!!

冬が終わりに向かい、もうすぐ暖かい春がやってきます!!メイクも冬から春らしい雰囲気に変えていきたいですね!!そんな春に向けて、流行のメイクアップの方法やメイクアイテムをお届けいたします。

更新日: 2017年04月04日

27 お気に入り 17557 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mintochoco7さん

この春のおすすめメイク①

透ける赤みのあるアイカラーを使用し、大人っぽさとあどけなさの2面性を表現しました♪
1点盛りメークを赤み系のシャドウで楽しみます。暖色なら程よくなじんで肌から浮かず、理想の地味盛りバランスになります。ピンクとオレンジのニュアンスの違う2色の赤みをそれぞれ上下に使い分けることで、さりげないアクセントがつき、奥行きとムードのある眼差しに変身しました。

春新色なら軽やかでシアーな質感なので、強く発色しすぎません。ピンクをアイホール広めに入れたら、オレンジは下まぶたに細めに入れて完成です。

イヴ・サンローラン・ボーテ アイパレット ストリート & アイ

この春のおすすめメイク②

肌に寄り添うツヤが光を集め透明感をアップさせるメイクです。一瞬で美肌に見せることができます。ひと塗りで美肌に見せるクッションファンデを使い、肌に極上のツヤ感を与えて、ベースくすみやすい部分に重ねて光を集めて明るさをプラスします。

出典i-voce.jp

指先にファンデを軽くとったら、一番くすみが目立つ目の下に入れます。クマ部分より広めにのせ、指で叩き込むようになじませます。次に、小鼻の脇のくすみを指を上下させながらファンデを毛穴に入れ込むようにのせます。

出典i-voce.jp

ディオール カプチュール トータル ドリーム スキン クッション

この春のおすすめメイク③

ポイントは春らしいオレンジを効かせつつ、冬の温かみを感じさせるブラウンで陰影をつけた目元です。ブラウンの陰影効果で上下まぶたに春色を使ってもキマる!
上まぶたのオレンジ×ブラウンをライナーで引き締め、下まぶたにベージュを入れています。頬と唇で甘さを入れてポイントにしています。

1を眉毛の少し下まで、2を二重幅に重ね、3を下目頭→黒目外側に。ラインは上キワ全体に。重幅にチップで2のブラウンを重ねます。アイラインでまつ毛のスキ間を埋めるように、目頭→目尻キワにラインを引きます。

ルナソル カラフルスカイアイズ 03

この春のおすすめメイク④

さりげない甘いオーラが漂うピュアなかわいらしさのあるメイクです。桜の花びらのような淡いピンクは、まぶたにまとうことで、少女のような無垢な雰囲気になります。パール感のあるシアータイプなら肌になじみナチュラルです。同様に、頰と口元も同じ桜トーンでまとめることがポイントです♪

濃淡のピンクを混ぜたものをアイホール全体にのせ、目頭側1/2にを重ねづけします。求心的にすることで愛らしさがUPしますね。キワにも細くライン状に入れます。

A.シュウ ウエムラ プレイ デート アイ&チーク パレット ピンクサンデー
B. ルナソル カラフルスカイアイズ 03
C.ランコム オンブル イプノスティロ

この春のおすすめメイク⑤

濃厚プラムリップを使い、透け感のあるオイルテクスチャーの技ありのグラデ塗りで一点盛りしています。メークの主役を1か所にしぼることで、自然とぬけ感が出て1か所だから冒険カラーも使えます。セクシーだけど清潔感もある最強の色っぽリップがポイントです

元の唇の赤みをファンデで消しておき、その上から薄く全体にリップを塗ります。横に濃淡のグラデを作るイメージで中央のみさらに重ね、サイドは淡く、内側に向かって濃い感じに仕上げます。

クリニーク ポップ オイル 03 (2月17日発売)

この春のおすすめメイク⑥

ツヤめきブラウンシャドウで陰影と軽さの両方が叶います。リップには春を感じさせるミルキーオレンジを使用し春らしい口元に。チークは肌になりきるシアーな質感で、あえて主張させないのがポイントです。ミルキーオレンジリップが主役になる、ほんのり春色メイクの完成です!!

1をアイホール、3を山型に重ねたら、2を上目頭から黒目外側まで太めにのせ、目尻に向かってフェードアウトさせるように塗ります。下目頭→黒目外側に3を、下目尻→黒目外側には4をなじませます。

aリップスティック 9407 /NARS JAPAN 
bレ キャトル オンブル 278 /シャネル
cプレスト チークカラー N /レ・メルヴェイユーズ ラデュレ

1 2