1. まとめトップ

魅惑の映画音楽の世界 なつかしのネバーエンディングストーリー、アラジン、炎のランナー、幻魔大戦、など

誰もが聞いたことがある、そんな有名な映画音楽の世界を今回はご紹介しましょう。

更新日: 2017年02月22日

2 お気に入り 4001 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

魅惑の映画音楽

映画音楽(えいがおんがく)は、映画の中で使用される音楽。映画作品を通して貫かれている主題、登場人物
の感情や性格、場面の状況などを、音楽という抽象的な表現形式によって視聴者に伝達する、重要な役割をも
つ。

今回は映画音楽のなかでも、メロディーだけのものではなくて、洋楽を選曲してみました。

ネバーエンディング・ストーリー テーマ曲 The Neverending Story ‒ Limahl

「ネバーエンディング・ストーリーのテーマ」は、1984年に劇場公開された映画ネバーエンディング・スト
ーリーのサウンドトラック。
主題歌を歌っていたのは、イギリスの音楽グループ「カジャグーグー(Kajagoogoo)」の元リーダーだった
リマール (Limahl) 。

アラジン A Whole New World

1992年に公開されたディズニーのアニメーション映画『アラジン』で用いられたバラード曲[1]。この楽曲は
アラン・メンケン作曲、ティム・ライス作詞で、主人公のアラジンとジャスミンが新たな世界を探す場面で歌
われる。
映画オリジナル版の歌唱はアラジンの歌唱担当のブラッド・ケインとジャスミンの歌唱担当のリア・サロンガ
で、後の第65回アカデミー賞授賞式でもこのコンビで歌われたが、映画公開直後に発売されたシングルでの歌
唱はピーボ・ブライソンとレジーナ・ベルが行った。

炎のランナー テーマ曲

イギリス映画『炎のランナー』のオリジナル・サウンドトラック。第54回アカデミー賞作曲賞(Best
Original Score)を獲得。その直後、米ビルボードアルバムチャートで4月17日から5月8日まで4週連続1位
となった。また、映画のオープニングである1曲目の「タイトルズ」は「Chariots of Fire」という題名でシ
ングルカットされ、5月8日付けのシングルチャートで1位を獲得した[7]。
最初期の日本国内盤LP及びCDの日本語アルバム名(及びLPのB面 / CD7曲目の曲名)には映画の邦題である
「炎のランナー」は使われず、統一的に「チャリオッツ・オブ・ファイアー」のカタカナ表記が用いられてい
た。
後年、「タイトルズ」に歌詞が付けられて "Race to the End" という曲に発展し、ジョン・アンダーソン、
Demis Roussos(元・アフロディテス・チャイルド)、メリッサ・マンチェスターらによって歌唱されてい
る。

Top Gun ‒ Danger Zone

トップガン
この作品は、音楽と映像がこれほどまでにマッチするのか!という限界を突破した作品であると評価されています。音楽と映像のうつくしいハーモニ
ーが楽しめます。
この映像を見ているとアドレナリンが大量に放出されますね。

I Will Always Love You

まことに残念なことに私たちは歌姫、ホイットニー・ヒューストンを亡くしてしまいました。
彼女が出演した映画『ボディガード』
I Will Always Love Youは今でも私たちの心に残る名曲です。

ブレードランナー エンドタイトル

エンド・タイトルズは、愛のテーマと並んでこの映画の代表的な曲としてヴァンゲリスのベスト盤に複数回に
わたって収録されているほか、他のアーティストによるカバー・バージョンが多数存在する。エンド・タイト
ルズは本来7分30秒程度の長さがあるとされる[4]が、ヴァンゲリスの各種アルバムではいずれも5分前後に編
集されたバージョンが収録されているのみで、また、他のアーティストによるカバーでも多くが当該短縮バー
ジョンを踏襲した例が多いが、確認されている中では、次のカバー曲において、完全版(全長版)の形で収録
されている。

若葉のころ

あの伝説の映画『小さな恋のメロディ』を彩った名曲です。
この音楽を聴くと、あのころの淡い恋がよみがえってくるようです。

Up Where We Belong

本当に何度観ても泣いてしまう。
この数分間だけで、泣いてしまう。
そこで思い出した。
オレにはもう一作、何度観ても泣いてしまう映画があるのだ。
それがこの映画。
「ストリート・オブ・ファイヤー」 同様、もう何度この映画を観たか記憶にない。
それでも泣いてしまう。
ラストの軍曹との別れのシーン、そして白い軍服姿でデブラ・ウィンガーを迎えに行くシーン…
'80年代映画の傑作だ。

幻魔大戦 光の天使 CHILDREN OF THE LIGHT

1 2