1. まとめトップ

メイクブラシ、使い分けてる?使い方を知ろう!

太さや細さが微妙に違っているメイクブラシ!その明確な用途を見てみましょう!

更新日: 2017年02月23日

102 お気に入り 144853 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mixxx116さん

何種類も存在するメイクブラシ…
その差がはっきりとわからない!
そんな皆さんにブラシの些細な差をご紹介します(^o^)

ベースメイク

平筆でやや大きめのもの(毛の長さが3センチ程)はファンデーション用、それより小さいものはコンシーラー用とされています。

メイクさんはリキッドファンデーションをブラシで広げる人が多いです。
指よりも細部まで広げられ、ムラも最小限にできるそうです。

パウダー、リキッド、クリーム、固形ファンデーションに使えます。
ブラシの毛の長さが均一なので、ブラシにとるファンデーションも均一にしやすく、化粧ムラを抑えることができます。
ただ、形の影響で細かい部分は塗りづらいかもしれません。

このような形で使います。
パウダーファンデーションに垂直になるよう当て、くるくるとファンデーションをブラシに取ります。

パウダーファンデーション用のブラシです。
毛の長さも量もたっぷり使っているのが特徴です。

毛量が多く、フワッフワです。
肌に優しくて柔らかいものを選びましょう!

通常のパウダーブラシに比べ毛量は少ないものの、チーク、シェーディング、ハイライトをのせられる優れもの。
顔の形に沿って立体感を作ることができます。

余計なパウダーを自然に払ってくれるブラシです。
ちょっと化粧濃い気がするときはこちらで磨いてみると結構印象が変わるものです。
毛質は固めですが、メイク上級者ならばもっていたいアイテムです。

フェイス

パウダーブラシによく似ていますが、毛量が少ないです。
先端は丸く、やや平筆に作られているものが多いです。

チークブラシと何が違うの!と言った感じです。
若干サイズが小さいですが、同じもので構いません!

鼻筋に陰影を付けるためのブラシです。
ノーズシャドウブラシを持っている人はごく少数ではないでしょうか?
やや大きめのブレンディングブラシ(以降紹介!)や小さめのチークブラシに代用する方も多いです。

アイブロウ

毛が短く、斜めにカットされています。
アイブロウパウダーをブラシにとって眉毛をかいても良し。
アイブロウペンシルでかいた眉毛を自然にぼかすのも良し。

ブラシの形が特徴的なので、眉尻を書くのもお手の物。
ペンシルが苦手な人は試してみませんか?

硬い毛質で作られています。
眉毛をとかして流れを整えたり、アイブロウをぼかす時に使います。
毛が硬いので、力を入れてしまうと、肌が赤くなってしまいます…!

ナチュラル眉ならコレ一本で眉毛のお手入れができます。
コームで眉毛を梳かし、毛の長さを整えます。
ブラシでぼかせばOKです。

アイメイク

一概にアイシャドウブラシと一つに括っているものの、その種類はなんともたくさん。

大抵の人はこのアイシャドウブラシの違いがわからないまま使っちゃいますよね。

まぶた全体にベースカラーをのせるのに適しています。
まぶた全体に広範囲にのせるので、毛質は柔らかい方が良いです。

ベースカラーの上にのせる際に使いましょう。
目尻や下瞼など、細かい部分にも使いやすいです。

上記のブラシを使った後に使用することが多いです。
アイシャドウ同士の色の境目をブレンドするために使います。
自然なグラデーションに仕上がるので、アイメイクが苦手な人におすすめです。

非常に細いブラシです。
リキッドアイライナーをのせるのに使用します。
なれないと難しいブラシかもしれません…!

リップ

平筆で、直角にカットされているものが多いです。
キャップが付いていたり、スライドして筆先を収納できたりします。

いかがでしょうか?
キチンとブラシの使い分けはできていましたか?

1