1. まとめトップ

家庭教師 生徒さんの相場からなぜ成績が伸びるのか?またバイトについてもご紹介

家庭教師の相場や利点、学習塾との違いなどをまとめました。教師側、生徒側それぞれ記載あります。ご検討下さい。

更新日: 2017年03月13日

0 お気に入り 992 view
お気に入り追加

家庭教師とは?

家庭教師(かていきょうし)は、主に小学生から高校生に対し、家庭で勉強を教える私教師である。

【生徒側】塾に比べて家庭教師の利点

自宅での学習週間が身につきます!

塾に通っている子供の場合、家庭ではあまり勉強しない子も多いようです。家庭教師は家での勉強の一環としての指導を行うため、自然に自分の机で勉強する習慣が身に付きます。

現役大学生の家庭教師の場合は、家庭教師自身の体験からの学習方法のアドバイスなども受けることができます。

お子様にあった学習方法が可能です!

「優しい先生」「英語が得意な先生」「サッカーや野球をやってる先生」「おもしろい先生」など、できるだけお子さんやご両親のご希望に合わせてご紹介させて頂いています。

テスト前や長期休みなどは、生徒さんも不安になると思います。そのため、担当の仲間と相談していただいて増やすことができます。

理解出来るまで教えてもらえます!

個別指導塾では一人の先生が複数の生徒の勉強を見ているため、一人一人にかけられる時間には限りがあります。家庭教師の場合は時間の全てを一人の生徒に使えるため、納得できるまで何度でも教えてもらうことが可能です。

お試しで体験授業が受けられます

家庭教師センターでは事前に無料体験を実施しているところが多いため、契約前に家庭教師の質や学習への取り組み方を確認することが可能です。

・小学生【中学受験なし】:1,500円~2,000円
・小学生【中学受験あり】:3,000円~6,000円
・中学生【公立中学生】:2,000円~5,000円
・中学生【私立中学生】:3,000円~6,000円
・高校生:3,000円~6,000円

「うちの子は本当にやる気がないのよ!」でもお母さん、成績を下げたがってる子なんていません。

お子さんの立場になって、本当のお兄さん・お姉さんのように本人のやる気を根気強く作っていきたいと思います。

家庭教師ってどんなアルバイト?

家庭教師の目的は生徒に勉強を教え、成績をアップさせたり、高校や大学などの受験対策を教えること。

「宿題の解説」や「苦手科目の指導」「模試の採点や指導」も仕事のうちだ。

【教師側】派遣登録型での家庭教師相場

派遣であれば90分あたり「1000~2000円以上」というところが多く、給与とは別に交通費が支給されることも。

勤務形態は「週1日・1科目OK」「1日90分~」となっている場合があり、スケジュールを組みやすいのが魅力だ。

【教師側】個人契約での家庭教師相場

仕事時間は1回で90分~120分程度なのに3000円から5000円のお給料になります。

【教師側】個人契約でのデメリット

1 2





街の歯医者さんさん

医療・ビジネス・美容等の情報をまとめております。