1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

16年間で1度だけ!イチローが大記録をまた一つ打ち立てた

大記録をいくつも樹立しているイチロー選手ですが、また一つ大記録を打ち立てたようです。

更新日: 2017年02月23日

84 お気に入り 181779 view
お気に入り追加

■イチローといえば、今まで沢山の大記録を樹立してきた

2016年、2つの大記録を達成した。大リーグ歴代最多記録を超える、日米通算4257安打。そして、大リーグ通算3000安打。

感謝を伝えたい人を問われると、「このきっかけをつくってくれた仰木(彬)監督です」と、05年12月15日に亡くなった仰木監督の名前を挙げた

イチローはオリックス時代の1993年から日米を跨いで続けている連続本塁打記録を24年に伸ばしている

■ファンは多い

2位には日本が世界に誇るヒットメーカー・イチロー(119票)がランクインし、3位は世界のホームラン王・王貞治(80票)だった。

プロ野球史上最高のスターのアンケート結果です。一位は長嶋茂雄さんです。

大リーグ公式サイトが「今季楽しみな51項目」をランキング。マーリンズ・イチローの安打記録更新が10位に選ばれた。

チームを指揮するドン・マッティングリー監督は野球に臨む姿勢を改めて称賛し、将来的に4000本に到達する可能性も語っている

@iekns 僕は自分の話をするのがあまり得意じゃないので価値観とかは語りませんが1つだけ言えるとしたらイチロー選手の大ファンです。あとは本を読むのが結構好きです。

イチローほんとかっけーわ。人になんと言われようが自分の芯を貫いてやり遂げることって素晴らしいことですね。ほんと尊敬する。 pic.twitter.com/WLyVklt8qk

イチローはいろんな意味で尊敬できるから好きなんだよな〜 これからも野球頑張ってください

■そんなイチローがまたしても大記録を打ち立てた!

新しい記録がそこに加わった。それは『1』という数字だ。もしかしたら最も印象的な数字なのかもしれない

それは、イチローがこの16年間でケガのためにトレーナーに診てもらった回数である

これまで治療室に入ったのは、絆創膏を取りに行った時くらいで、実際に治療を受けたのは初めての経験だった

イチローは、16シーズンにわたってメジャーリーグでプレーし、2500試合に出場している。オープン戦やプレーオフも含めると3000試合近いかもしれない

日米通算でピート・ローズの歴代最多安打をこえ、メジャー通算でも3000本安打を達成するなど、数々の記録を更新してきたイチローに新しい記録が加わった

マッティングリー監督は「右の太ももと腰に痛みが残っている。きょうはひとまず様子を見る。たぶん大丈夫だろう」と話した

イチローはなぜこれほどまでに怪我をしないのか

■理由① プロ意識が高い

あるときイチローに、ほとんどケガのなく試合に出場していることについて問うと、こう答えた。「僕、いくらもらっていると思います?」

年齢を重ねても、イチローの場合、大きなケガとは無縁なのは、そんな責任感の大きさも当然あるのだろう。

■理由② 危機管理能力が高い

1 2





まひろちゃんぶーさん

皆さんのお役にたてるよう頑張りますのでよろしくお願いします

このまとめに参加する