1. まとめトップ

CRF250Lのカスタム案

オフロードバイクとしては重いがお手頃価格のCRF250Lもカスタムすればなんとかなる…?購入検討のついでにまとめてみました。

更新日: 2017年02月23日

noob_manさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 6351 view
お気に入り追加

ショップ製作のカスタム例

鈍重なイメージのCRF-Lだがカスタム次第でここまで変われる。

純正の面影を残しつつ、しっかりとカスタムされた一台。ビックタンクの装着により長距離ツーリングはもちろん、GSが少ない地域でも気にせず林道走行ができる。

ゼッケンと派手なデカールが目を引く一台。個人的にゼッケンは白ベースの方がレーサーライクに映ると思う。モタードやオフロードトレールで定番のゼッケン化に伴うヘッドライトの撤去のお供には縦2灯フォグライトがカッコイイ

購入後に変えたいところ

雨天時や林道走行時に雨や泥を跳ね上げてしまうことになるが、オフロードバイク特有の大きな純正フェンダーはフェンダーレスキットで撤去したい。特にCRF-Lはテールランプも大きく悪目立ちしていると思うので、DRC製などの定番品を使用したい。

純正ハンドルは鉄製で林道走行での転倒でも簡単に曲がってしまう。ポディション調整の意味でも早めに変えておきたい箇所。

こんなものもあります!

約20mm車高をアップさせることが出来るキット。車高を上げる事が目的で走行性能を向上させる部品ではないため、コース走行や林道アタックには不安が残るがスタイリング向上には必須。

転倒時に下部が破損しやすいラジエーター。オフロードを走行するなら装着しておくのがいいだろう。画像はUSA産のフラットランドレーシング製品

CRF250L純正のヘッドライトは大きく正直ダサい。MD30純正のヘッドライトを流用するとシルエットが引き締まって◎交換後はCRF-L用のフェンダーは装着できないので注意。

ハンドルストッパーの加工とヘッドライトステー取り付け部の穴あけが必要だが、比較的簡単に流用できる。装着で1kg弱軽量化できるようなので、ヤフオクなどで探してみてもいいだろう。

1





noob_manさん

色々まとめます!