1. まとめトップ

一回くらい泊まってみたい!?未来感のあるカプセルホテルの泊まり方

そのコストや未来感のある非日常な雰囲気から日本人だけではなく外国の方からも人気のカプセルホテル。でも、泊まり方も普通のホテルと同じなの?

更新日: 2017年02月23日

5 お気に入り 2210 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

weltiguaaさん

京都の新人気スポット!?

外国人観光客の多い京都では需要が増しているのかもしれません。

高級カプセルホテル、京都に続々 寝具・内装こだわり(朝日新聞デジタル) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-… 個人的には9Hよりファーストキャビンさんかな?そっちの方が安くてサービス充実してそうだし(今度使う予定)

たぶん民泊よりこっちの方が流行ると思うわw>高級カプセルホテル、京都に続々 寝具・内装こだわり(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-… #Yahooニュース

かっけー。泊まってみたい、、、 高級カプセルホテル、京都に続々 寝具・内装こだわり(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-… #Yahooニュース

カプセルホテルを利用方法とは?

予約や支払いなどの手続きはビジネスホテルなどと同じ。
館内での過ごし方に違いが出てきます。

1.フロントでチェックインを済ませる。
2.ロッカーのカギを受け取る(2階にロッカールームがあることが多い)
3.大きな荷物などはロッカーに入れておく
4.貴重品等を持ってカプセルに行く
5.どのような感じかを確認しておく(上段と下段で全然違う)
6.自由行動〜寝る
7.ロッカーに入れておいた荷物を持ってフロントへ
8.カギを受け取りチェックアウト

チェックインして最初にすることがロッカーに荷物を預けて着替え。
ロッカーとカプセルが離れている場合も多いので、小分けにできるバッグがあると便利。

大きく違うのは「荷物の扱い」ですね。カプセル内には大きな荷物を置けるスペースがないため、ロッカールームに置いておく必要があります。(フロントに言えば預かってくれると思います。)
ただ、携帯(スマホ)・財布・ロッカーのカギなどの貴重品は、肌身離さず持ち歩き、カプセル内に置いて寝ましょう。

実際行ってみたら・・・やはり荷物はロッカーに入れる事に、でも部屋は4階なのにロッカールームは1階だぞ!必要な物がある場合は、いちいち1階まで取りに来るわけか? それに「貴重品は各自身に付けて下さい」と貼り紙がしてある、身に付けろって言われても、浴衣に着替えるんだろ?ポケットとかあればいいんだがね。。。

館内では非常にラフな館内着になります。
そのため男女別になるのが前提。

ロッカーの中にはタオルと一緒に寝巻きが入っています。カプセルホテルの中では、この寝巻きで過ごすことになります。

風呂はいつでも顔パスで入ることができます。館内着がパスポートみたいなものです。また、脱衣ボックスがとても小さくて戸惑うかもしれませんが、入れるものが館内着くらいしかないですから、十分です。タオルはたいてい使い放題です。

カプセル横いあるハシゴを使って昇り降りするので、膝が痛いとか腰が痛い人には不向き。トイレやお風呂に行く時なんかは、特に面倒臭いです。
また、お酒を飲んだ後も注意が必要。
足元がおぼつかない・フラフラしている状態だと、ハシゴから転げ落ちる可能性があります。お酒を飲むような人は下段に泊まった方が無難だと思います。

上段の特徴

出入りしやすいので移動はめちゃくちゃ楽。ですが、足音が響くので寝ている時に不快に感じることがあるかもしれません。
また、上段で誰かが寝ているわけですから、上からの物音も気になってしまいます。

下段の特徴

法律上の問題でカプセルに施錠ができなくなっています。
新しいカプセルであれば比較的防音性能は高いですが、限界はありますし、出入り口はカーテン1枚のところが普通ですので神経質な人にとっては厳しいかも。

出入口は部屋の短辺側(足側)にある縦型と、長辺側にある横型が存在し、外部とはブラインドやカーテンで仕切れるようになっている。但し遮音性は全くないため、通路を歩く足音や、他のカプセル内での目覚まし時計のアラームや利用者のいびきなどについての懸念がある。また、カプセルは法律上、家具扱いとなるため、施錠はできない。別に鍵のかかるロッカーが用意されている。

入口に簾やカーテンがあるのでプライバシーが確保できます。ホテルによりますが、カプセル内にコンセントやアラーム、TVなどの設備が付いています。

大浴場やサウナなどは泊まり以外の当日利用プランで経営していることも多く、そういったところはなかなか豪華。
24時間OKのところも少なくないので優雅に朝風呂も楽しめます。
逆にコストを追求したところはシャワーのみということも。

翌朝もたいてい風呂に入れますから、朝風呂というのも良いとおもいます。中にレストランを併設しているところもあります。その場合、たいてい、ロッカー番号をホテル側が控え、チェックアウト時に精算となります。ロッカーの鍵は忘れないように持っていきましょう。

老舗カプセルホテルの多くに併設されている大浴場とサウナ。というよりはサウナにカプセルの宿泊スペースが併設されたと考えた方がいいかもしれません。そのため、最近できた宿泊メインのカプセルホテルにはシャワーしかないことがしばしば。

1