1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

yanadatarouさん

イーサリアムとは何か?

イーサリアムはビットコインの次に時価総額が大きい仮想通貨です。

イーサリアムの時価総額は約830億円※で、ビットコインは約7,000億円※です。仮想通貨全体の時価総額は約8,640億円※なので、イーサリアムとビットコインで仮想通貨全体の時価総額の90%を占めています。(※2016年4月9日現在)

ビットコインとの違いは?

イーサリアムとビットコインの大きな違いは、先述したようにイーサリアムにはお金としての価値とその他の付加価値があるということです。

イーサリアムとビットコインとの違いを比較

この付加価値というのが、過去のあらゆる契約をネット上に保存し実行する機能。

これを暗号通貨の業界では『スマートコントラクト(頭の良い、賢い契約)』と言われています。

例えば、自分自身から誰かへの支払いと言った将来的な契約があった場合、自動的にこれを実行しデータとして保存してくれるような機能です。

「スマートコントラクト」で何が変わる?

スマートコントラクトを活用した例にマルチシグというものがあります。

マルチ(複数の)+シグネチャー(署名)という意味で、たとえばAさんからBさんに仮想通貨を送金する際、Cさんというもう1人の第3者の署名がないと、送金がされない、という技術です。

それ以外にも「Aというデータを受信したら自動的にBという口座に振り込め」「1か月が経過したら自動的にCという口座に振り込め」など、条件付きの自動払いも可能になるのです。

このスマートコントラクトは、ありとあらゆる取引に信用と信頼を与えられる新たな機能として注目されており、仮想通貨以外にも、保険やリース、土地の売買などなど…様々な分野で活用していくことが期待されているのです。

スマートコントラクトを活用した新たなビジネスが今後、続々と登場してくるかもしれません。

お薦めの取引所は?

現在日本円からイーサリアムを入手するための一番良い方法は日本円をビットコインに交換し、Poloniexという名前の海外の仮想通貨取引所にビットコインを送り、ETH/BTCの市場でトレードするのが最も良い方法と言えます。

つまり、日本円⇨ビットコイン⇨イーサリアムの流れで交換するということです。一旦ビットコインを経由することで有利な価格で取引を約定させることができるようになります。

1