1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

白球に恋する女性を描く!女子野球を舞台にした漫画まとめ

史実を元にした話から、タイムスリップといったSF要素のある話まで、女子野球を舞台にした漫画をまとめました。(なでしこナイン、球詠、マックミランの女子野球部、大正野球娘。、セーラーエース、メイプル戦記)

更新日: 2017年03月19日

sryamaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
22 お気に入り 19341 view
お気に入り追加

◎『なでしこナイン』 東元

かつて日本には、戦後「女子プロ野球」というものが存在していた――。という実在の逸話にタイムリープをプラス!

本作は野球に打ち込む女子高生・球子を主人公にした野球マンガ。しかし、ただのスポ根マンガでは終わらない。本作に効いているのは、「タイムスリップ」というSF要素である。

女子野球漫画は東元「なでしこナイン」が好き。しかしおもしろそうな野球漫画多いな。

東元さんの 力作 わたしは あきらめない人が好き❤❤❤❤ 世界中に ひろがれ(*⁰▿⁰*) #東元 #manga #なでしこナイン pic.twitter.com/Dslv9LpNUi

◎『球詠』 マウンテンプクイチ

中学時代、1回戦負け野球部の投手だった武田詠深。捕手が捕れないため、投げられなかった「魔球」への後悔を抱えたまま、高校で再会したのは幼なじみの山崎珠姫。白球に恋する少女達の物語、開幕!

球詠という女子野球漫画。いやファンタジー系女子野球漫画。そのファンタジーさは戦車道の存在と同じくらいにはファンタジーなんだと思う。たぶん女子高校野球が普通に市民権得てそうな感じだし。地元が舞台なのでなんだか嬉しい。立地的な高校のモデルは越谷南あたりかな。

「球詠」という女子野球漫画、キャラが可愛くてキャラ同士の関係性も描かれてて、野球シーンも本格的で楽しい☺️

◎『マックミランの女子野球部』 須賀達郎

母性溢れるマネージャー・正清大地が男一人で美少女揃い、実力派揃いの女子野球部を支えていきます!

それにしても最近『マックミランの女子野球部』がすげー面白い。女子野球をネタにした単なる萌え4コマかと思いきや、コメディ路線を軸にしつつも意外とガチで野球やってるところが素晴らしい

キャラがみんなかわいくて、全部のキャラに魅力があって、キャラの使い捨てとかしてなくて、話の構成も面白い。 女子野球部にマネージャーの男一人という構図でありながら、ハーレムどころか恋愛もHネタもほぼ皆無。 安心して楽しめる漫画。 マックミラン女子硬式野球部、お勧めです。 #bare

読みたかった「マックミランの女子野球部」2巻を見つけ購入&読破! Game展開や描写が野球好きな方だなーとそしてキャラが野球愛に溢れる′野球′漫画として、やっぱり楽しい漫画です! 野球だけでなくキャラの掛け合いも楽しくお勧めッ! pic.twitter.com/foi7UirK1o

◎『大正野球娘。』 神楽坂淳、伊藤伸平

時は大正14年。女学院に通う小梅は14歳。ある日、小梅は友人である通称「お嬢」から相談を持ち掛けられる。それは、女子だけの野球チームを作り、男子と試合をすることだった…

大正野球娘はいいかもしんない。まだコミック版の1巻を読んだだけだが。アニメと全然絵柄が違うけど、伊藤伸平先生のファンだからこれはむしろ大歓迎。川島乃絵のメガネが光学屈折しまくりで大満足。

伊藤伸平作画のコミック版『大正野球娘。』の面白いところは キャラによって和装派洋装派がゐるところで 服装の幅があって豊かだと思う 『はいからさんが通る』は震災前『大正野球娘。』は震災後なので そこを境に服装が随分変わるらしい 学校ではセーラー服 自宅では着物なんてのはいい

◎『セーラーエース』 しげの秀一

主人公・桜木繭は関東女学院に通う高校2年生。ある日、彼女はギャルの道に見切りをつけ大好きだった野球に戻ることを決心する。天才ピッチャーとウワサされる繭は、一体どんな球を投げるのか!

#セーラーエース 1巻購入。本誌連載読んでても思ってた事だけど、しげの先生プレー描写上手すぎ!下手な野球漫画メインの作家より全然上手いよ。プレーシーン見てるだけで面白い。何で今までこの人に野球漫画描かせてなかったんだ。この連載終わったら本格派男子野球漫画も描いてほしい

セーラーエース面白いな 単行本でちゃんと読んでみたんだけど、こりゃハマる マガジン系統のスポーツ漫画じゃありがちな話なんだけど、流石ベテランだけあってワクワクする展開だわ

ヤンマガ、同じ野球漫画でヤキュガミってあるけど、冗談とか抜きにセーラーエースのが面白いと思ってる 同じ野球でも「女子野球」なんてほとんど未開拓のジャンルだし、しげの自身かなりのキャリアあるから面白さはやはり若手には上回るなと

1 2





sryamaさん

漫画や小説、映画など「エンタメ・カルチャー」をメインにまとめています。

このまとめに参加する