1. まとめトップ

★【2017年4月からはコレ!】いくえみ作品が初の連ドラ化!泥沼不倫「あなたのことはそれほど』」

2番目に好きな男・涼太と結婚した主人公・美都は、10代の頃からずっと思い続けていた同級生・光軌に偶然再会したことから恋の炎が再燃し、不倫に溺れていく。

更新日: 2017年06月21日

koidoraさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 4565 view
お気に入り追加

#10 2017年6月20日(火) 22:00〜23:09 「生まれ直しても今の相手を選びますか夫婦2組の決断」

涼太(東出昌大)と離れて1人暮らしを始めた美都(波瑠)。涼太は離婚届を書くことを約束するが、美都は半信半疑だ。有島(鈴木伸之)は、娘を連れて実家に帰った麗華(仲里依紗)を連れ戻そうと連絡するが、静かに怒る麗華には取り付く島もない。さらに、涼太からは呼び出しを受け、責められてしまう。そんな中、香子(大政絢)は涼太に離婚届の証人欄への署名を頼まれる。仕方なく引き受けるものの、涼太の様子に不気味さを感じる。

#09 2017年6月13日(火) 22:00〜22:54 「ずっと好きだった切なすぎる結末」

中傷ビラにより、美都(波瑠)と有島(鈴木伸之)のダブル不倫が美都の暮らすマンションの住人や職場の同僚たちに知られてしまう。追い詰められた美都は、小田原(山崎育三郎)に今後の身の振り方について相談する。一方、涼太(東出昌大)は麗華(仲里依紗)と接触し、今回の一件を暴露した人物に心当たりがないか尋ねる。そんな中、美都は小田原と協力し、涼太に内緒で家を出る準備を進め、そこで小田原の秘密を聞かされるが…。

#08 2017年6月6日(火) 22:00〜22:54 「私妊娠しました…炎上するW不倫」

離婚を決意した美都(波瑠)は1人暮らしの準備を始める。だが、涼太(東出昌大)はのらりくらりと話をそらし、離婚届に名前を書かない。一方、有島(鈴木伸之)は麗華(仲里依紗)に顔向けができず、精神的に追い詰められつつあった。そんなある日、有島と麗華は、娘・亜胡(渡部伽南)を連れて動物公園へ行くことに。張り切る有島だったが、ひょんなことから皆美(中川翔子)と娘、皆美の夫・横山(山岸門人)も一緒に行く羽目になる。

#07 2017年5月30日(火) 22:00〜22:54 「遂に覚醒!誰よりも恐いうちの妻」

有島(鈴木伸之)は美都(波瑠)に「友達にならないか」と提案。美都は今まで通りの関係にしがみつこうとするが、有島の決意は固い。有島から「家に帰れ」と言われ失意の美都は、病院の仕事を休み、悦子(麻生祐未)の元に転がり込む。一方、有島は自宅に戻ったものの、罪悪感から麗華(仲里依紗)に対し平静ではいられなくなっていた。夜、悦子のスナックに駆り出された美都は、店にやって来た涼太(東出昌大)と対峙(たいじ)する。

#06 2017年5月23日(火) 22:00〜22:54 「変身夫と家出妻!決別の赤ワイン」

美都(波瑠)は、自分をなじろうともせず笑顔で接しつつも、ひそかに有島(鈴木伸之)に会いに行った涼太(東出昌大)の態度に戸惑う。涼太はそんな美都に別れる気はないと宣言。これからをどう楽しくやっていくか話し合おうと告げる。涼太の話を聞いた美都は有島を呼び出し、自分たちは別れる必要がないと言い張る。そんなある日、涼太は歯科医に行くと言って会社を早退。その様子に、小田原(山崎育三郎)は違和感を覚える。

#05 2017年5月16日(火) 22:00〜22:54 「夫VS愛人!地獄の公園デビュー」

初めての結婚記念日、美都(波瑠)に「この先どうあろうと、今の君がどうあろうと、ずっと君を愛する」と誓った涼太(東出昌大)。全てを知られていたことにがくぜんとする美都は、その日以降も笑顔で接してくる涼太の気持ちを測りかねていた。そんな中、美都は陶芸教室の人が麗華(仲里依紗)に本を借りているという話を聞き、思わず「自分が返しておく」と名乗り出る。美都は有島(鈴木伸之)の不在時を狙い、自宅に麗華を訪ねる。

#04 2017年5月9日(火) 22:00〜22:54 「最愛の妻への最凶のプレゼント」

美都(波瑠)と有島(鈴木伸之)は互いに既婚者だと分かってからも関係を続行。涼太(東出昌大)は、美都が有島と連絡を取っていると知りながらも言い出せない。そんな涼太の様子を気に掛ける同僚・小田原(山崎育三郎)や美都の母・悦子(麻生祐未)。その悦子は自宅に戻り、出産のため実家にいた麗華(仲里依紗)は、娘を連れて有島の元に帰ってきた。一方、有島から趣味を持てと言われた美都は、職場近くの陶芸教室を訪ねてみる。

#03 2017年5月2日(火) 22:00〜22:54 「ヤバい夫の哀しみ全てがバレる夜」

美都(波瑠)と温泉旅行を楽しんでいた有島(鈴木伸之)の元に、麗華(仲里依紗)が娘を出産したという連絡が。有島が既婚者だと知った美都は動揺を隠し、自分も結婚していると告白する。そんな折、美都の母・悦子(麻生祐未)が階段から転落して足を骨折。涼太(東出昌大)が悦子を病院から2人のマンションに連れ帰る。一方、美都は小田原(山崎育三郎)から高級ワインをもらったお礼に、手料理を振る舞うことを涼太に提案する。

#02 2017年4月25日(火) 22:00〜22:54 「暴走する春の恋!背徳の温泉旅行」

有島(鈴木伸之)と再会した美都(波瑠)は、夫・涼太(東出昌大)がいながらも有島と肉体関係を持ってしまう。帰宅後も高揚感を隠しきれない美都。不審に思った涼太は、美都が眠った後に携帯電話を盗み見て、有島の名前を見つける。中学時代以来のどきどきする恋に浮かれる美都は、自分が既婚者であることを隠して、頻繁に有島と連絡を交わし合う。一方の有島も、出産を控えた妻・麗華(仲里依紗)がいることを美都に隠していた。

#01 2017年4月18日(火) 22:00〜23:09 「優しすぎる夫×忘れられない運命の人」

眼科クリニックの医療事務員・美都(波瑠)は、運命的な恋を夢見ており、いつか一番好きな男性と結婚したいと考えている。しかし、中学生の頃にある占い師から「2番目に好きな人と結婚しろ」と忠告されたことをずっと気に掛けていた。ある日、美都は勤務先の病院の患者・涼太(東出昌大)から交際を申し込まれる。涼太は優しく誠実だが、中学時代の初恋の相手・有島(鈴木伸之)のことが忘れられない美都には物足りず…。

放送内容

'17 4/18~6/20放送
火曜日 TBS系 22:00-22:54

タイトル:あなたのことはそれほど
原作:いくえみ綾「あなたのことはそれほど」
脚本:澤智子
演出:金子文紀、竹村謙太郎、福田亮介
編成:池田尚弘、中島啓介
プロデューサー:佐藤敦司

主演:波瑠
出演:東出昌大 仲里依紗 鈴木伸之 ほか

「FEEL YOUNG」(祥伝社)にて連載中のいくえみ氏による同名コミックが連続ドラマ化。いくえみ作品が連続ドラマ化されるのは、今作が初。

2組の夫婦のマリッジライフと四者四様に揺れる恋愛模様を、予測不能な展開で繰り広げていく。

眼科クリニックで医療事務として働く美都は、患者として来ていた涼太に交際を申し込まれる。涼太は穏やかで優しく、食事の趣味も合い、なにより美都を一番に考えてくれる。これまで付き合ってきた明るく面白いいわゆるモテ系男子とは全く違うが、居心地のよさを感じる。美都には実家でスナックを経営している母がいるが、涼太はその母のことも大切にしてくれる。仕事もまじめ。結婚相手≒生活をともにする人としては申し分ない。美都だって好きだ。でも一番好きなのは…美都の脳裏に中学の頃好きだった有島光軌が蘇る。自分に別れを告げることなく引っ越してしまった有島君。いまでも彼に似た人を見つけるとつい目で追ってしまう。美都はあれから有島と似た男とばかり付き合ってきた。中学のとき占い師に「2番目に好きな人と結婚するのがいい」と言われて有島と結婚できないと思ったことがあった。それがいまもずっと心に引っかかっていた。再び占いに行くと「2番目に好きな人と結婚したほうが幸せになれる」とまた言われてしまい、幸せになりたい美都は涼太との結婚を決意。多くの人たちから祝福を受ける美都と涼太。多くの女は皆どこか妥協して結婚するものだと、文字通り幸せな結婚をするが、ある日飲み会の帰り道に偶然“初めての相手”で運命の人だと信じていた有島に再会する。

波瑠は2017年1月期「お母さん、娘をやめていいですか?」から連投。

主演は波瑠(25)

初恋の人・光軌のことが忘れられずにいたが、勤務先のクリニックで知り合った涼太と結婚。その後、光軌と偶然再会し、心を揺さぶられる。

共演は東出昌大(29)、仲里依紗(27)、鈴木伸之(24)ら

美都の夫。患者として来院したクリニックの事務をしていた美都に一目ぼれして結婚する。穏やかで優しい性格で、美都の不倫を知っても責めずに、結婚生活を続けようとする。

1 2 3





koidoraさん

ドラマが大好きです。