1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

侍ジャパンの4番決定! WBCに向けて筒香嘉智が気合入りまくり

目前に迫った第4回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)に挑む侍JAPANの小久保監督が遂に「4番・筒香嘉智(つつごう よしとも)」を明言!短期決戦だけに重圧のかかる4番打者ですが、筒香の気合はそれを凌駕しそうです。

更新日: 2017年03月06日

nyokikeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
12 お気に入り 19873 view
お気に入り追加

▼目前に迫ったWBCに挑む侍ジャパンの4番は筒香嘉智で決定した

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に臨む侍ジャパンの小久保裕紀監督は24日、日本代表の4番打者を筒香嘉智(DeNA)、5番打者を中田翔内野手(日本ハム)で戦っていくことを明言した。

25日のソフトバンクとの練習試合の先発メンバーを発表後、4番を筒香で固定するのか問われた小久保監督は「固定です」と即答。さらに本大会も筒香でいくのかとの質問にも「本大会もそうです。(合宿の)初日に彼を呼んで、その話をしました」と明かした。

小久保監督は「彼の後ろを打つ打者が大事。そこに中田が入ってこないと。やってもらわないといけない感じです」と、中田への期待を寄せた。

▼日本の中心・4番打者に筒香嘉智が選ばれたことが話題に

山田・菊池の両刀使い。4番筒香5番中田。強化試合で見事にハマった9番秋山。先発武田。どちらかというと攻撃重視…かな?

選ばれたのは嘉智でしたって感じだよね。 4番はやっぱ筒香だよね。

てっきり小久保監督は4番中田で心中覚悟かと思ったけどついに筒香さんに変える気になったのか

まぁ4番は筒香でええわな。後ろには中田とか誠也がいるんだろうし

▼筒香嘉智の4番起用をなかなか明言しなかった小久保監督の意図は?

目下の体調面、昨季および代表戦での結果からいえば、明らかに筒香の方が上。それでも小久保監督が“2択”にこだわるのはなぜか。

「『筒香4番』を断言したら、中田のやる気をそいでしまうと気にしているんです。中田は口では『下位打線で』と言ってもプライドの高い選手。ああいうコワモテのイメージを打ち出している選手ほどナイーブで傷つきやすいものです。監督自身ホークスの4番を打ち続けた経験からも、いかに気分良く野球をさせるかが大事と分かっていますから」

今月8日に左手首痛が再発し調整のスローダウンを余儀なくされたが、「コンディションは悪くない」と強調する。

だが、この試合を視察した他球団スコアラーは「まだスイングが鈍いようにみえる。チャンスで甘い球を仕留め切れていない」と心配顔。

▼イチローに影響を受けた四番・筒香嘉智の悲壮な覚悟

プロ野球選手になることが、すべてじゃない。野球には同じプレーが1つもないし、いろいろな役割がある。その場、その場で考えてプレーをしなければいけない。人からの指示待ちではなく、自分で考えて、解決する力が必要。野球を通して社会に出ても通用する「考える力」を鍛えることができる。普段よりも注目度が高い国際大会で、子どもたちだけではなく、たくさんの人にそんな野球の素晴らしさを見てもらいたい。

筒香嘉智は第2回WBC決勝でのイチローの勝ち越し打が印象に残っているという。

食事をともにした。「『小さな満足』をたくさん繰り返すことが大事」の言葉が刺さった。「確かに大きな満足を得てしまうと、その次が重くなる。対外的に満足感を示すわけじゃないけど、自分の中の部分では、そうしていきたい」。一足飛びでは極められない。あのイチローがコツコツと、の大切さを説いている。大きな仕事をする前に“ふるさと”を見つめ直そうと大阪へ向かった。

中学時代を過ごした堺ビッグボーイズを自主トレ地に選んだ。「今の自分があるのは、当時があったから。原点の場所です。考えて野球をするということをたたき込まれた」。静かな環境でバットを振り込んで届いた場所が「プレーする姿で野球の素晴らしさを伝え、子どもたちの野球離れを食い止めたい。野球人口をもっと増やしたい」。でっかい志を胸に携えた。

練習方法も普段通りだった。フリー打撃ではバットが遠回りするドアスイングにならないよう、右投げの打撃投手の時は左翼方向へ流し打ちを徹底。

1 2





このまとめが誰かの何かの役に立ちますように…。
最新のまとめはこちら
https://matome.naver.jp/odai/2149822098468088101