1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

東京だけで36億円だと!?全国の「落とし物」事情が興味深い

増加傾向にある日本の「落とし物」。昨年は東京だけで36億円の落とし物があったそうです。

更新日: 2017年02月25日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
31 お気に入り 81767 view
お気に入り追加

増加傾向にある日本の「落とし物」

「約15万件」―これは京急電鉄の「京急お忘れ物センター」に昨年、届けられた忘れ物の数だ。特に傘などの忘れ物は2万5000件近くあり、忘れ物の数が年々増えてきているという

▼そんな「落とし物」の事情を知っておくといいかも

東京都に届けられた現金の落とし物は36億円

東京都内で平成28年に落とし物として届けられた現金は約36億7千万円だったことが17日、警視庁のまとめで分かった

警視庁によると、現金はバブル期の1990年の約35億円を超えて過去最高だそうです

1件の最高額はスーパーで拾われたバッグに入っていた5100万円で、全体のうち約27億1000万円が落とし主に返還された

現金も含めた全ての落とし物の受理件数は約383万2千件で、9年連続で最多を更新

そのうちの9億円は持ち主に戻っていない

落とし物は、3カ月の保管期間中に持ち主が現れなければ、拾った人のものになる。申し出なければ、現金は都の歳入となる

落とし主が見つからなかったり、拾った人が受け取らなかったりした約4億円は東京都の歳入となった

千葉県ではドローンの落とし物が急増

昨年1年間に千葉県内の警察署などに拾得物として届けられたドローンは29機で、一昨年に比べ大幅に増えたことが、県警のまとめで分かった

ドローンの落とし物は、一昨年の9機から一気に29機も届けられた。最も多かったのは成田空港署の6機で、いずれも空港内で箱に入ったままだったという

落とし物の中には、家畜やペットとみられる生き物も。千葉中央署管内では昨年3月、体長約6センチのウーパールーパー1匹が、水入りのビニール袋に入れられて路上に放置されているのが見つかった

静岡県ではニシキヘビやモモンガの落とし物があった

動物の拾得届は517件あり、犬が239件を占めた。このほかインコ84件、猫62件、亀36件など。ハリネズミやニシキヘビ、モモンガの届け出もあった

10月には藤枝市内で猫に追いかけられているモモンガがそれぞれ保護されたが、その後飼い主は名乗り出ず、ブリーダーなどに引き取られた

長野県の落とし物は過去最多を記録...真田丸の影響か

長野県内の警察署に昨年1年間に届け出があった遺失物(落とし物)と拾得物(拾い物)が、いずれも過去最多となったことが県警のまとめで分かった

昨年のNHK大河ドラマ「真田丸」の放送を受けて、多くの観光客が押し寄せたことが影響しているとみられる

1 2





musinoneさん

のほほんとまとめています。

このまとめに参加する