1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

先進国でも最低レベル...「子供の貧困」がどんどん深刻な問題になっている

「子供の貧困」とい聞いてもあまりピンと来ないかもしれないのですが、今非常に深刻な問題となっています。

更新日: 2017年02月25日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
164 お気に入り 247625 view
お気に入り追加

「子供の貧困」と聞いてもあまりピンと来ないかもしれない

海外のストリートチルドレンのような路上で生活する子どもを目にするわけでもなく、日本でそう言われてもピンとこない人が大半だろう

でも、実は今「6人に1人の子供」が貧困と言われることをご存知でしょうか?

国民の平均的な所得の半分を「貧困ライン」と呼びますが、その基準に満たない所得の低い世帯の子どもたちが6人に1人もいるということで、24年の貧困ラインは122万円でした

先日はNHKでも特集が組まれ話題となった

「見えない貧困」の実像に迫り、子どもたちにどのような支援が必要なのか、解決の道筋を探る

NHKの番組見た。生まれながらにして人は平等では無く、頑張れば叶う夢もあるが、お金がなくて諦めざるをえないこともある。あとは周りの理解と協力次第か。#見えない貧困

今日は仕事が休みだったので、午前中は奥さんが美容院に言っている間、次女とお留守番。録画してあった「カルテット」とNスペの「見えない貧困」を見た。火曜のTLでクドカンが出てきた理由がようやくわかりました。

再放送で見たNHKスペシャル「見えない貧困」、ちょっとショックだった。年1回の家族旅行はおろか、誕生日のプレゼントすらもらえない小学生、家計を助けるため進学をあきらめてバイトを掛け持ちするJK…こういう現実もあるという報道がもっと増えればいいのに…

NHKの“見えない貧困”見た。 厳しい言い方すると就職氷河期世代が親になってる時期、そろそろ日本全中流でない事に早く気付いて進学が全てじゃないと思考を切り替えて欲しい。 まぁ、その為の大人が周りにいない事が可哀想だな…負け組の親だけ見て判断しないで!君は君だ!って思っちゃう…

▼「子供の貧困」の実態とは?

先進国の中でも最低レベルにある

1990年代に入ってから、子どもの貧困率は大きく上昇していて、その上昇率は他のどの年齢層よりも高くなっています

日本は現在、先進国の中で子どもの貧困率が最も高く、貧富の差が激しい国のひとつとなってしまっている

ひとり親世帯では半数が貧困と言われる

ひとり親世帯の相対的貧困率は深刻で、2012年時点で54.6%と半数超が相対的な貧困状態

ひとり親家庭の元に育つこどもの大学等への進学率は23.9%と、全世帯平均53.7%の半分で

学校給食が唯一の食事という実態はしばしば伝えられる

1 2





musinoneさん

のほほんとまとめています。

このまとめに参加する