1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

菜々緒だけじゃない!”悪女”役で輝いている女優たち

新境地を開拓した女優たちの今後の活躍が楽しみですね!

更新日: 2017年03月01日

manuronaldさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
28 お気に入り 117799 view
お気に入り追加

■”悪女”を演じ、女優として大ブレイクした菜々緒さん

完璧なスタイルと美貌をウリにモデル出身タレントとして活躍してきたが、近年は女優、それも“悪女”役として大ブレイク。

本人も“悪女キャラ”を演じることを気に入っており、本人のこびないストレートな言動や性格と相まって、好感度も上昇している。

でも”悪女”役で輝いている女優さんは、菜々緒さんだけじゃなかった!

■嫉妬と復讐心に狂う妻を熱演

デビュー以降様々な映画やドラマで活躍してきたが、2005年に所属する芸能事務所を独立したことで、仕事が激減し干され女優に。

近年になって徐々に表舞台に復帰、映画で濡れ場を演じるなど演技の幅を広げている。

現在はテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『奪い愛、冬』に出演中

本作は、鈴木おさむ脚本、主演に倉科カナ、その婚約者役に三浦翔平を迎えた“ドロキュン劇場”が見所のドラマ。

水野は、主人公・光(倉科)の元彼氏・森山信(大谷亮平)の妻で、夫とよりを戻そうとする光に対し壮絶な嫉妬を前面に出す蘭を演じている。

GPSで信の行動を監視し、隠しカメラでキス現場を盗撮、光に執拗な嫌がらせをしたりと、時に犯罪をも厭わない行動を平気で行う。

水野は12月に妊娠を発表したばかりだが、「視聴者から“身重の体で大丈夫でしょうか”という問い合わせが来るほど」という。

奪い愛、冬ハマりすぎてやばい(笑) 水野美紀が最高\(^o^)/ スパイが見張ってるよ~ 違わないよ~~~~!! もはやホラー だがそこがいい。 pic.twitter.com/KMlT0MCJjY

「悪女は、人生で労苦を重ねた女優にしかできない。干された経験があるからこそ、あの鬼気迫る演技ができるのかも(関係者)」

■清純派女優が”悪の女医”に

高校3年生だった1998年に、サントリー『なっちゃん』のCMに起用され芸能界デビュー。

以降、芸能界きっての”清純派女優”として様々な映画やドラマで活躍、昨年2月には医師の一般男性と結婚している。

そんな田中さんの悪女っぷりが見られるのが、現在放送中のフジテレビ系連続ドラマ『真昼の悪魔』

本作は、1980年に『週刊新潮』で連載された、遠藤周作の同名小説が原作の心理サスペンス。

田中は、本作の主人公で、優秀で美しい外科医にもかかわらず、人が怯え苦しむ姿を楽しむために平気で罪を犯す、サイコパスの女医・大河内葉子を演じている。

優秀で患者にも親切だが、幼い頃からあらゆる出来事に無感動で無道徳な裏の顔を持ち、衝動的に悪のスイッチが入るという設定。

老齢の患者にステーキを差し入れ続けて笑顔で死に追い込む、医療費がかさむと悩む患者には薬を投与して死に追い詰める…など、狂気ぶりはとにかく怖い。

1 2





manuronaldさん

自分が気になったことをまとめていきます。



  • 話題の動画をまとめよう