1. まとめトップ

【スマホ節約初級編】スマホの月額料金いくら??格安SIMで月2000円ってどういうこと?

スマホって高いよねと思っているあなた!格安SIMはご存知ですか??月2000円〜3000円で月額料金を抑えている人が急増中です!今回スマホ節約初級編として格安SIMとは何なのかをまとめてみました!

更新日: 2017年02月25日

4 お気に入り 5778 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

appyoshiさん

【はじめに】

長年docomoを使っていてキャリアを変えるのが面倒、家族が皆んなauだから変えられないというあなた!スマホ料金を少しでも安くして違うところにお金を使ってはどうでしょう??
格安SIMの料金について今回はまとめてみます。

格安SIMとは??

格安SIM会社とは、DoCoMoやauなどの大手通信会社から電波を借りて、電話やデータ通信サービスを提供している会社です。
格安SIM通信会社も電波は借りて、DoCoMoやau側に電波の使用料を払っています。
この格安SIMを正確な名前でMVNO(仮想移動体通信事業者)と言います。

格安SIM=MVNO
格安SIMは大手キャリアから通信サービスを借りて、自分たちで料金を設定しているから安くできるのね

大手キャリアのメリット

現在、大手三社のキャリアではどこの会社も「通話し放題プラン」を提供しています。

大手キャリアはどんなに電話しても料金は一緒!
電話が多いとか長電話をしちゃう人には大手キャリアがオススメ

大手キャリア最大のメリットはその窓口の多さです。
駅前はもちろん、ショッピングモールの中や街の中、国道沿いなど私たちの生活圏内に必ずといっていいほど一つは携帯ショップが存在します。
そして、通話・通信の品質は圧倒的に安定しており、問題があったとしてもすぐに対処してもらえるというのも当たり前のようで大切なことですね。

回線が安定しているのはとっても良い点!

キャリアの場合はどの機種も高額で、一括価格が10万円近い機種なんて珍しくありません。しかしその代わりに月々サポートや毎月割、月月割といった割引が受けられます。
その結果、実質価格は1万円~半額程度に落ち着くことがほとんどです。

スマホの端末が安いのはキャリアの良いところ

大手キャリアのデメリット

データ通信料が高い
格安SIMの場合、データ量が多くても少なくても大手キャリアより安くなるというのが一般的なので、大手キャリアで通信料が得になるケースというのは、「家族でシェア」や各種割引を好条件で組み合わせたごく一部の利用環境の方だけではないでしょうか?

縛りがある
「解約したい(のりかえたい)」と考えたときに丁度解約できる月だったから解約金がかからないということはほとんどなく、解約月まで待つか解約金を支払うかしないと解約することができません。

大手キャリアの最大のデメリットはこの2点。止めるにも費用がかかってしょうがない。。。

格安SIMのメリット

料金が安い
とくにデータ通信料に関しては差がありすぎるほど安くなるので、毎月多くの通信料を払っているという人は、多少解約金を払ってでも格安SIMに切り替えたほうが長期的にみるとお得になるのではないでしょうか?

縛りが緩い
格安SIMの多くが最低利用期間さえ過ぎれば解約金なしで別の事業者に移ることができる

縛りの弱さは他の会社に移させない自信がある証拠かと思う!それぐらい安い!

格安SIMのデメリット

通話料金が高い
基本的に格安SIMには通話し放題プランというものはなく、通話を多く使うのであればもしかするとキャリアの契約時よりも高くなってしまうかもしれません。

サポートが少ない
格安SIMの場合、対面サポートを行っている事業者は少なく、やっていたとしてもごく一部の限られた地域でしかその恩恵を受けることができないのが当たり前となっています。

通信料で料金が上がってしまう可能性あり。。。

それにキャリアから電波を借りている分、回線の速度は大手の方が早いことが多いみたい。
場所や地域によって違いはあるみたいだけど。

どっちを選択したら良いの??

どっちが得かという点に関しては「料金面での比較」をする人が多いので、やはり決め手になるのは「電話をどれくらい発信するか」という点になるようです。

通話が多い方で、比較的データ量も多くなくまさに「電話」としての利用がメインだという人はやはりキャリアの契約がお得です。

かけ放題プランというのは使う人によっては格安SIMよりもずっと格安になる可能性を秘めています。

反対に通話が少ない方や、データ量がかなり多いという方の場合は、どう考えても格安SIMの方にメリットを感じます。

電話をしない&ラインやスカイプで電話できるっていう人なら格安SIM
仕事の都合などで通話が多い場合はキャリアが安くなることもある。

実際のところいくら??

単純に一人で大手キャリアに契約しようとすれば7000円程度+機種代(24ヶ月払い)

格安SIMで2000円弱+通信費+機種代(一括)

格安SIMは音声機能がついており通話可能の料金で設定しています。
キャリアより会社やプランによって様々な料金体制が違うためまた別にまとめようかと思います(T ^ T)

【最後に】

いかがだったでしょうか?
今回は簡単に格安SIMを紹介しましたが、会社によってある程度通話してもお金が一定のオプションもあるので一概に通話するなら大手キャリア一択というわけではありません( ̄Д ̄)ノ
そう!このスマホ節約術はまだ序の口!もっと奥が深いのだ(´⊙ω⊙`)

中級編で格安SIMの料金やサービスを比べてみようかと思います!
ではでは〜

1