1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

【菅野朋子】

1970年生まれ。立教大学社会学部卒。結婚、出産、離婚を経て、東京大学法科大学院在学中、旧司法試験合格。2009年弁護士登録。 富士通株式会社法務部の企業内弁護士、川崎の法律事務所で経験を積み、2011年に独立。中小企業の顧問の他、個人の離婚、相続も扱う。

略歴
1994立教大学社会学部社会学科卒
2006東京大学法科大学院入学
2007旧司法試験合格
2008東京大学法科大学院修了
2009旧62期司法研修所終了
2009第一東京弁護士会所属 富士通株式会社入社 法務部所属
2010横浜弁護士会所属 弁護士法人リーガルエイド法律事務所入所
2011東京弁護士会所属 かんの総合法律事務所開設
2014遠藤浩一弁護士とともに渋谷リヒト法律事務所開設

美しい弁護士と評判の菅野朋子さん。

最近、メディアにもよく露出するようになってきたので、話題になっているようですね。

結婚・出産・離婚を経て、37歳の時に司法試験に合格したそうです。

私の経歴をご覧いただいて、なぜ弁護士になったのが遅いのか、疑問に思う方もいらっしゃると思います。
私は、高校でいじめに遭い、長期間精神的ダメージを受けた結果、大学受験も就職も諦めました。

 結婚、出産を経て、リベンジで司法試験を受験しようと決意し、受験勉強を続けていましたが、受験生時代には離婚を経験しました。

遅咲きだけど、あきらめず努力し続けたのでしょうね。

意外にも、高校時代にはいじめにあっていたそうで、そういう経験も弁護士に活かされているのかもしれません。

こういう美しい人は同性の嫉みの的になりやすかったからでしょうか?

弁護士になってからは、企業の法務部に企業内弁護士として勤務し、労務、コンプライアンス、知財を中心に、国内外の企業法務にたずさわりました。企業の中から法的な問題を見てきたため、経営者様の立場にたって考えることができます。 また、問題を解決するに当たり、いかに「企業を知る」ことが重要かということも実感しています。

弁護士になってからは、企業内弁護士として活躍されているそうです。

今後の活動にも期待される存在みたいですね。

菅野先生は私のロールモデルのような方でした。チャレンジ精神がとてもあり、仕事もバリバリこなしているにも関わらず、子育てもしっかりしておられ、私も将来こんな風になりたいなと思いました。

美しい方なので芸能関係の方かと
思いましたが、女性弁護士だった
菅野朋子さん。

菅野朋子(弁護士)「個人が特定できるものは、たとえ本当に犯人であっても名誉棄損にあたり、違法です」 人権屋どもに言わせれば文明社会とは、 善良な国民が犯罪に怯えて暮らす社会 という意味の事なのだろう。… twitter.com/i/web/status/8…

菅野朋子(弁護士)の学歴や家族は?事務所名やアクセスや出演番組は adpeak.net/archives/12972

知識が増えるほど、冷たい非人間的になる可能性が youtube.com/watch?v=sGbfVS… 東大女子がもてなかったり テレ朝、羽鳥モーニングショーの 菅野朋子弁護士 を生理的に受け付けない訳がわかった

【韓国】朴大統領の弾劾をめぐる「保守派」と「進歩派」の攻防戦 崔順実事件が引き起こした「二つのデモ」現場ルポ – 菅野 朋子 – 文春オンライン antenamatome.com/?p=229194

1 2