1. まとめトップ

内定がもらえる腕時計はロレックス!?グランドセイコー?オメガ? 就職活動 就活時計

就職活動、就活で付けるべき腕時計は何なのか。人事部、面接官に尋ねてみた。おすすめの腕時計は…!!面接官はなにがなんでも難癖、いちゃもんをつけてくる可能性があります。相手の悪いところを覚えさせないように。第1印象、第2印象、第3印象で「あいつチャラい時計つけていたな」と減点されないように!

更新日: 2017年05月16日

5 お気に入り 37426 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

画像の上
SEIKO(セイコーimport) SEIKO 5 SEIKO FIVE 腕時計 自動巻き メンズ SNKE51J1 [逆輸入]
価格:¥ 9,800

画像の真ん中
SCDC085 セイコー セレクション
15,000円 + 税

画像の下
SBPX083 セイコー セレクション
20,000円 + 税

定価が1万円、1万5000円の腕時計は
針が安っぽすぎる

2万円からまともな針になる

1万円、1万5000円の安い腕時計だと
デザイン、ベルトが安っぽすぎる

パテック・フィリップ

三大高級時計メーカーのひとつ。スイス時計界の頂点に君臨するメーカー

数多くの王侯貴族、大富豪、文化人を顧客に持つ。ヴィクトリア女王が愛用したことで知名度を上げた。

他の主な顧客は……大正~平成の天皇陛下、ローマ法皇、ヴィルヘルム一世、アインシュタイン、キュリー夫人、トルストイ、ワーグナー、ブラッド・ピット、プーチン大統領 など

日本ではパトリモニーが知られている。タモリやAKB48の秋元プロデューサーも愛用者だそうな。

面接官「高級すぎます ドン引きです」

船窓をイメージしたスポーツウォッチ「ロイヤルオーク」が有名。このモデルは「ラグジュアリー・スポーツウォッチ」の火付け役になった。

面接官「200万円~1000万円…もはや持ち運べる高級車…」

スイス系企業(スウォッチ)がブレゲ時計部門を買収した。現代もスウォッチグループの高級部門を担っている。

面接官「貴族気取りか!私は独身貴族だぞ!?(地雷)」

雲上ブランドなだけあって知名度が低い

日本では、麻生太郎、木村拓哉、石橋貴明、松井秀樹、石田純一 等が愛用している。

面接官「シンプルでいい時計ですね・・・?
あれっ ブレゲじゃねーか!生意気すぎる!」

ザクセンに本拠地を置き、元々は王侯貴族の為に時計を作っていた。

面接官「仕事中に金色の腕時計は派手、オープンハートもNG」

セラミックやチタンといったハイテク素材を使った時計の先駆け的存在。
高級カジュアルウォッチの分野で成功している。

スイス時計界の中では新興勢力であり、最初は奇抜な時計メーカーだと思われていた。現代では王侯貴族や著名人といったセレブに支持されている。

デイトナ~♪ Let's go away♪  
ロレックスのデイトナを着けている人を見る度に脳内再生される

愛用者にはジェームズ・ボンド、次元大介、石原裕次郎など

面接官「ジェームズ・ボンド気取りかな…??」

ロレックスエアキング 通称「入門用ロレックス」

面接官
「一番安いモデルを買うというのは財力がない証拠。
財力がないということはやる気もないということ」

クロノグラフを搭載した「スピードマスター」
アポロ計画の正式時計に採用され、人類史上初めて月面に到達した。無重力空間で破片が飛散しないように、風防はプラ製である。

面接官「宇宙飛行士気取りかな?」

かつては軍用時計等も手掛けていた。ペリー提督が徳川幕府に献上した時計は、このメーカーが作った物だそうな。日本とは意外に馴染が深いと言える。

サルコジ大統領が愛用していると言われている。社長・島耕作が愛用している時計としても知られ、公式タイアップも行われた。

面接官「島耕作のイメージが強い おっさんに似合う時計 若者には似合わない」

スイスの老舗メーカー

面接官「若者には似合わないなぁ 若々しさを求めているんだよね」

ブライトリング・ナビタイマー

面接官「飛行機が好きならさぁ…飛行機パイロットになれば?」

IWC

インターナショナル・ウォッチ・カンパニーの略。スイス時計産業はスイス西部(フランス文化圏)に集中しているが、IWCはスイス東部・シャフハウゼン(ドイツ文化圏)に本社を置く。そのため、ドイツ文化の影響を受けており、ゲルマン文化的なシンプル・デザインを得意としている。


代表的なモデルは「ポルトギーゼ」
「大きくても良い。懐中時計の機関で正確な時計を作ってくれ」とポルトガル人が依頼したことが起源とされている。

発売当時(1930年代)の常識でみれば、異様に大きな時計となった。ケース厚は薄いが、ケース径は巨大であるため、手首でかなり目立つ。この手の時計は「あえて見せる時計」だと言われている。

仕事場では使えない 遠回しに時計を自慢していることと同じ

ワタミの渡邊美樹が熱心なファンだという。IWCの時計を5本持っており、日によって変えるそうだ。

スイスの老舗メーカー。社名は天頂を意味する。

面接官「野心強すぎ! オープンハートの腕時計はNG」

面接官「錦織圭のせいでタグホイヤーが売れるようになった
にわかファン大嫌いなんだよなぁ… もう帰っていいよ」

自動車産業と縁の深いスイスメーカー。カーレースや自動車メーカーとコラボしている。クロノグラフを得意としている。

「フォーミュラ」「カレラ」「モナコ」など自動車にちなんだ名前が付けられたモデルが複数ある。

スマートウォッチへの参入に積極的なメーカーで、高級ラインのスマートウォッチも手掛けている。

個性的なデザインの面白い時計を多く手掛ける。ビジネスウォッチというか遊び時計といった感じだろう。00年代中頃、ヒルズ族やホストがこれ見よがしに自慢していたので、成金趣味な時計とみる人もいる。

面接官「イメージ悪いわ 元ホストかな?ネオヒルズ族になりたいの?」

ロンジンは中級クラスの時計を多く製造していた為、日系企業の台頭や機械式時計の高級化について行けなかった。

日本では西郷隆盛が愛用していた事が知られている。また、芥川賞・直木賞の景品もロンジンの時計である。

高級腕時計メーカーになれなかった

面接官「縁起が悪い時計だ(いちゃもん)」

面接官「鉄道時計が好きなの?車掌さんになれば?バイバイ」

モンディーンは懐中時計メーカーとしても有名
今でも鉄道時計は懐中時計だね

中の機械が中国製

中国製のムーブメントだから壊れまくる

仕事にファッション時計を持ち込むのはNG

当初はミリタリーファン向けの復刻アイテムとして復活したが、予想外にファッション関係で流行、メーカーの思惑を超える人気となった。ジェイソン・ステイサムが愛用していることで知られており、彼は私物のパネライを映画の中に登場させている。

面接官「その時計をしているということはジェイソン・ステイサムのファンかな?」

1 2 3