1. まとめトップ

健康志向の愛犬におすすめ!!グレインフリーのドッグフード

家族の一員とも言える愛犬のためには、ドッグフードにもこだわりたいですよね。そんなこだわりのフードとしてグレインフリーのドッグフードを選ぶ人が増えています。そんなグレインフリーのドッグフードにどのようなものがあるのかをまとめました。

更新日: 2017年08月13日

1 お気に入り 447 view
お気に入り追加

グレインフリーのドッグフードとは?

グレインフリーとは穀物(小麦、トウモロコシ、米など)不使用のことを言います。
肉食動物である犬には、穀物を分解する酵素が無いため、穀物は消化しづらい原材料と言われています。植物性の食べ物の中でも植物性たんぱく質に含まれるグルテンなどは消化されず、犬の中にはそれが原因でお腹を壊してしまうケースもあります。

安く売られているドッグフードの中にはトウモロコシなどの穀類でかさまししているドッグフードも多く売られています。

グレインフリーとグルテンフリーの違いとは?

グレインフリーはとうもろこし・小麦・あわなどの穀物を使用していないことを指し、グルテンフリーは麦類のタンパク質の一つであるグルテンを使用していないことを指します。トウモロコシは、麦類ではないため「グルテン」フリーのフードには使用されることがあります。

◆ティンバーウルフ(Timberwolf)

「リビングにいる狼」というコンセプトで作られているティンバーウルフは、野生の狼の食事にできるだけ近づけることを理想として誕生しました。動物性プロテインが高く、高品質な自然原料とバラエティ豊かな栄養素を含むことで、より野生の食事を再現することに取り組んでいます。

●高配合のタンパク質
 原材料の80%を高品質な動物性タンパク質で構成しています。
●鮮度へのこだわり
 ティンバーウルフは、鮮度を保つため少量生産をしています。また、バリア性の高いアルミパックを採用することで、鮮度を保持しつつ、酸化やカビなどの外部要因からフードを保護しています。

ティンバーウルフは、ブランドコンセプトとして、犬を「肉食」と考え、動物性タンパク質を豊富に含むよう設計されています。

穀物を一切使わず、合成化学物質も不使用。また、プロバイオティクスやハーブなども含まれており、一般的なドッグフードの中でもかなり良質なものに分類されます。

カナガン

穀物不使用のグレインフリードッグフード
原材料の品質にこだわったドッグフード
製造の品質も管理されているドッグフード

主原料には骨抜きチキン生肉が26%、乾燥チキンが25%配合されており、他の原料も合わせると動物性原料が60%を占めています。

犬は植物性原材料より動物性原材料の方が消化吸収率が高いという特徴をもつため、カナガンのフードは理にかなったフードといえます。

モグワン

原材料はすべてヒューマングレード
犬が消化しづらい穀物不使用のグレインフリー
ペット先進国のイギリスの専門工場で製造
小型犬やシニア犬にも適したドッグフード

モグワンの原材料はヒューマングレードである事はもちろん、穀物不使用ですので犬の食性にもぴったりなフードといえます。全年齢対応のフードですのでフード変更によるストレスを無くす事ができます。

乳酸菌やコンドロイチン、グルコサミンなども配合されており、胃腸の弱い子や老齢犬にも最適なフードといえます。

◆ニュートロ ワイルドレシピ(nutro)

公式サイトでは「愛犬の祖先は肉食」というキャッチコピーで紹介されているワイルドレシピ。
祖先が肉食だから歯やあごが穀物などをすりつぶして食べるのではなく肉を食べるのに適している。唾液にアミラーゼをほとんど含んでおらず、消化管が短いから草食動物と比べて消化時間が短く、肉よりも植物と比べて消化吸収がしづらい。という発想からワイルドレシピでは犬が消化しづらいと言われている穀物を使用せず、肉をメインに使用しています。

●ワイルドレシピの特徴
 高タンパクドッグフードでたんぱく質が30~32%以上含まれているようです。メインに原材料に肉もしくは魚を使用しています。穀物を使用しないグレインフリーのドッグフードです。穀物の代わりにひよこ豆やイモを使用しています。

本製品は、動物性タンパク質が豊富で、他の一般的なフードに比べて、本来肉食である犬にとっては、より本来の食事に近い組成になっています。また、穀物不使用(グレインフリー)ということで、これも穀物系タンパク質の消化が苦手な犬にとってメリットだと思われます。

◆ナウ フレッシュ(NOW FRESH)

カナダからやってきたナウフレッシュは、新鮮で栄養価の高い素材を使用しています。また、その新鮮さと栄養分を壊さないよう手間ひまかけたこだわりの製法で作られています。

●新鮮な原材料を使用
 原材料は100%フレッシュミート(生肉・生魚)を使用しています。フレッシュミートの他、4種のベリーをはじめ、様々な野菜やフルーツをたっぷり使うことで栄養バランスを整えています。
●厳選された新鮮なオイルを使用
 消化・代謝を促進させるココナツ油、天然のビタミンE、オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸の供給源であるキャノラ油を使用しています。

本フードは、穀類を含まないグレインフリーのフードです。さらに主原材料が七面鳥と、動物性タンパク質も豊富で、犬の消化を考慮して設計されたフードと言えます。また原材料の品質の良さも特徴としてあげられており、一般的なドッグフードよりも安心してお使いいただけるものと思われます。

◆オリジン(Origin)

元来肉食である犬に必要とされる肉をふんだんに使用したドッグフードを製造しているブランドです。

●新鮮な食材を使用
 様々な新鮮な肉や魚を贅沢に使用してドッグフードを作っています。素材には人間用食材の認定を受けた食材を使用し、地元の農場から仕入れて新鮮な状態で搬送されてきます。
●低GIの原材料を使用
 健康的な血糖値を維持するために過剰な炭水化物を摂取しないように高GI食材であるトウモロコシや小麦、ジャガイモなどは使用していません。

本来の犬の食事について考えると、肉食動物である犬にとっては、高たんぱく質の食事が合っていると考えられます。ですので、健康を維持するためには、なるべくオリジンのようなフードを選んであげたいところです。

◆K9ナチュラル(K9Natural)

1 2





わんこ先輩さん

大の犬好きです!ジャックラッセルテリアを飼っています(*^^*)