1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

J1リーグ開幕戦で障害発生…「DAZN(ダ・ゾーン)」に厳しい声が相次いでいる

「DAZN(ダ・ゾーン)」が25日のJ1開幕とともに本格スタートした。インターネットを通じた従来とは異なる視聴形態には、通信環境によって視聴できない場合があり不評の声も漏れた。ニュースをまとめ。

更新日: 2017年02月26日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
10 お気に入り 47452 view
お気に入り追加

○J1、J2、J3リーグを全試合放送するDAZN

10年間で約2100億円の巨額契約により、サッカーJリーグの全試合を中継、有料配信するサービス

パフォームグループは2017シーズンから10年間のJリーグ放映権を約2100億円で取得し、鳴り物入りでDAZNのサービスを上陸させた。

○J1開幕とともに本格スタート

Jリーグのサポーターにとっては全く新しいサービスのため、利用を不安に思っている方も少なくないだろう。

インターネットを通じた従来とは異なる視聴形態には、通信環境によって視聴できない場合があり不評の声も漏れた。

○各地で8試合が行われた

中継映像はJリーグが制作し、J1では1会場で最大16台のカメラを使うなど、映像レベルにもこだわる。

目玉コンテンツはJリーグの試合映像のライブ配信であるが、J1開幕戦で早くもつまずいた形だ。

○視聴できない場合があり不評の声も

この日はJリーグ中継がインターネット・ストリーミング配信サービス「ダ・ゾーン(DAZN)」に代わった初日。

インターネットを通じた従来とは異なる視聴形態には、通信環境によって視聴できない場合があり不評の声も漏れた。

同日に開幕したJ1リーグ1試合の映像が30分ほど正常に配信されない状態が続き、そのあと復旧した。

○映像が止まってしまうといったトラブルも

全試合の全面的な配信ストップなどのトラブルはなく無難なスタートだったが、一部では「映像が止まった」などの声も相次いだ。

一方、試合前のロッカールーム映像や、試合終了直後にピッチ上にカメラが入って選手の表情をとらえた試みには高い評価が上がっていた。

○このニュースはネットでも話題になっています

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。



  • 話題の動画をまとめよう