1. まとめトップ

大ヒットミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」の魅力!知らなかった雑学をご紹介!

2017年アカデミー賞大本命!話題沸騰中の「ラ・ラ・ランド」の知らなかった雑学・豆知識をご紹介!まだ見ていなくても、もう見たあなたも、この雑学を知ってから見るとまた新たな発見があるかも!?

更新日: 2017年02月26日

4 お気に入り 12657 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

君はねこさん

大ヒット中!世界中でセンセーショナルを巻き起こしている話題の映画「ラ・ラ・ランド」!

「セッション」で一躍注目を集めたデイミアン・チャゼル監督が、ライアン・ゴズリング&エマ・ストーン主演で描いたミュージカル映画。売れない女優とジャズピアニストの恋を、往年の名作ミュージカル映画を彷彿させるゴージャスでロマンチックな歌とダンスで描く。

そんな話題作「ラ・ラ・ランド」のちょっとした雑学をご紹介!

監督デミアン・チャゼルのこれまでの仕事は?

「ラ・ラ・ランド」はデミアン・チャゼルの初めての成功ではありません。

「10 クローバーフィールド・レーン」の脚本や「セッション」の監督・脚本も手がけています。

「ラ・ラ・ランド」の構想は何年も前から

しかし映画化をしてくれるスタジオがなかなか見つからなかった。

だが2014年に「セッション」で注目を集めた後、サミットエンターテイメントが映画化に同意をしてくれた。

本来の舞台はLAではなくボストンだった

映画の舞台はLAだが、オリジナルの脚本ではボストンが舞台だった。

しかし映画の中の象徴的なLAグリフィス天文台でのシーンは、実際はボストンの科学博物館で撮影された。

プロデューサーと作詞家はブロードウェイの関係者

プロデューサーのマーク・プラットはブロードウェイの大ヒット作品「ウィキッド」のプロデューサーでもある。

Benj Pasekとジャスティン・ポールの作詞作曲家コンビは最近絶賛されたブロードウェイのミュージカルにも関わっている。

エマ・ワトソンとマイルズ・テラーがキャスティングされていた!?

エマ・ストーンが演じている役は本当ならエマ・ワトソンが演じるはずだった。

しかしエマ・ワトソンは映画「美女と野獣」の撮影の為、断念。

ライアン・ゴズリングの役はマイルズ・テラーが演じるはずだった。
しかしThe Hollywood Reporterによると、キャスティング料の合意が上手くいかず断念されたと言われている。

しかし監督のチャゼルと「セッション」で一緒に仕事をしたマイルズ・テラーはこう言っている。

1 2 3