1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

帰宅しても女性のままで過ごす…生田斗真の役作りがスゴかった

俳優の生田斗真がトランスジェンダーの女性役で主演する『彼らが本気で編むときは、』(2017年2月25日公開)。その役作りが凄いと評判になっています。ニュースをまとめ。

更新日: 2017年03月17日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
68 お気に入り 243978 view
お気に入り追加

○現在公開中の『彼らが本気で編むときは、』

俳優の生田斗真がトランスジェンダーの女性役で主演する『彼らが本気で編むときは、』(2017年2月25日公開)

『かもめ食堂』『めがね』の荻上直子監督が5年ぶりに手掛けるオリジナル脚本の新作。

先日亡くなったりりィさんをはじめ、ミムラ、田中美佐子、小池栄子、門脇麦という豪華女優陣が共演。

○気になるストーリーは…

トランスジェンダーのリンコ、その恋人マキオ、育児放棄された少女トモの奇妙な共同生活を描くヒューマンドラマ。

それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日を描いたハートフルストーリー。

○俳優の生田斗真が初日舞台あいさつに登壇

俳優の生田斗真が25日、都内で行われた映画『彼らが本気で編むときは。』初日舞台あいさつに登壇した。

生田は「役者としてターニングポイントになるんじゃないか」と思いながら役に挑んだという。

生田は、「皆さんとてもリアクションが良くて、いい手応えをもって帰ってこられた。いい思い出です」と現地の様子を凱旋報告した。

○女性らしく見せるために努力を重ねたという

一筋縄ではいかないキャラクターに果敢に身を投じ、さまざまな顔を蓄積してきた生田斗真。

現場に入ってくる瞬間から生田斗真ではなくリンコでいてください」と言われたという生田は「その日から、『おはよーす』とかは言わないようになりました」と笑う。

女性らしく見せるために衣装やメイク、髪形はスタイリストを交え幾度となくテストを繰り返し、発声法も試行錯誤しながらつくり上げていった。

○約1カ月の撮影中は女性であることを徹底したという

しかし、「彼らが本気で編むときは、」のリンコは、臨界点突破といえるほどの挑戦だったに違いない。

周囲の支えもあり、約1カ月の撮影中は帰宅してもマニキュアを落とさず、スカートをはくなどしてリンコでいることに徹したという。

モチベーションを保ち撮影を乗り切れた要因として、荻上監督がこの映画に懸ける熱い思いに応えたい気持ちが強かったと述懐する。

○このニュースはネットでも話題になっています

生田斗真の美しさが際立ってた。所作が優美でもはや女性にしか見えなかった❤で、内容はとても深く問題提起にもなると思う。性的マイノリティの生き難さとか、ステレオタイプの周囲とか。映画全体に流れてる空気感が奇麗で、終始涙腺が緩んでました。 #彼らが本気で編む時は

斗真、ちゃんと女性っぽく見えたし、敢えてあのガタイのとーまを監督はキャスティングなのかなぁと。子役ちゃんも田中美佐子さんもカッコよかった!

昨日観てきた❗ 可愛い斗真くん見たさに(笑) 思った以上に斗真くんが女性で可愛かったし、3人のやり取りにほっこりしてニヤニヤしたり(笑) 気持ちがすごい伝わって胸が苦しくて泣けたし、色々考えさせられた。 うまく説明できないけど、良い作品だったなぁと思う。 #彼編む

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。



  • 話題の動画をまとめよう