1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

umakabukoさん

1. 返信が遅れると一方的に浮気を疑うのはNG

連絡が取れない時間が長くなるほど「浮気を疑ってしまう心理」は珍しくないものです。

でも、彼の事情も聞かないで「自分の勝手な想像で不満をつのらせ彼氏を責める彼女」は嫌われる可能性が高いのです!

被害妄想がどんどん膨らみ、手に負えないほど怒り出す女性は男性を疲れさせるだけで、付き合ったことを後悔させるかもしれません

2. 芸能人に嫉妬はNG

「好きな女性芸能人にまで嫉妬するのは、うっとうしい」

これを本気でやり出してはキリがありません。やるなら思いきりかわいくやりましょう。

3. 女友達への嫉妬はOK

まず、一番多いのは「彼の周りの女友達」に対する嫉妬でしょう。
やはり自分以外の女性が彼と親しく接しているのを見ると、イライラしてしまうのは本心ですよね。

それに「彼を盗られるかもしれない」相手なのですから、気になるのは当然の事。
毎日のようにLINEを寄越してくる女とか、彼と2人きりで出掛ける女なんていうのは、嫉妬どころか浮気を疑われても仕方のない存在です。

※でも女友達と会うだけで浮気と決めつけるのはNG

このパターンは引く…

『私の許可なしに外出禁止!』
『会った女はみんな報告して!』

先走りがちな彼女の場合は、1度思い込むと一直線!男性がいくら『違うよ!』と説明しても浮気の疑いを晴らすことは難しいため非常に厄介なのです!
彼氏の行動をガッチガチに縛り付ける「重たい愛し方」は、相手の愛情を冷めさせるだけです。

4. 言い方次第ではOK?

言い方も重要ですよね。声のトーンや表情など詳しく聞きたくなってしまいます。「私のことを見てくれないとダメだよ」「私だけを見て」「ほかの女の人と飲みに行くのは嫌」「これ以上放っておくといなくなるよ」など、ストレートに言葉にするのがかわいいとの意見多数!

・「デート中にほかの女性に何度も目がいっていたときに『もう知らない!』というのがかわいかった。」(32歳/機械・精密機器/技術職)

5. 彼の家族・仕事への嫉妬はNG

彼の家族や仕事に対する悪口を言うのも絶対にNGです。

「家族」や「仕事」と「恋人」は全く次元が違う存在です。

どちらが上とか下だとかではなく、どちらもなくてはならないもの。
しかも、ハッキリ言っておきますが、家族や仕事は簡単に取り換えることは出来ませんが、彼女なら替えがききます。
相手にするだけ、不利と言うもの。
家族や仕事は、彼女があれこれ口を出すことは出来ない、不可触ゾーンだと諦めておきましょう。

6. すべて把握したがるのはNG

「出かけるときにどこに行くかは良いが細かいことを聞かれるのは嫌だ。何で行くのか、何しに行くのか誰と行くのか等」

「外出するときに、どこに行くのか、誰と会うのかなどとしつこく聞かれるとき、予定を全て把握されたとき」

彼もいい年した大人なんです。あなたはお母さんではないのです。毎回こんなことを聞いていたら、いつか「うるせぇクソババァ!」なんて言われてしまいそうですね。

7. 勝手に携帯の履歴をチェックするのはNG(退場)

彼氏のスマホをチェックしていたら、彼女以外の女性を発見!『ちょっと!このオンナ誰!』と嫉妬による質問責めをしていませんか?

彼を独占したいという気持ちが強すぎるのも困りモノですよね…。日常生活に支障をきたすほどのヤキモチから、男性が逃げ出したくなるのは当然かもしれませんね

8. 縁を切ってる元カノへの嫉妬はNG

彼が今でも元カノと連絡を取っている場合は、「女友達への嫉妬」としてOKになりますが、すっかり縁を切っている元カノに対して嫉妬をしてはいけません。
よく言われることですが、男性は恋を「別名フォルダ」で保存します。

それを引っ張り出していじくり回したいわけではなく、ただ思い出として大切に、ハードディスクの中にそっととっておきたいモノなのです。
彼が元カノとの写真やプリクラを捨てないとか、Facebookで繋がっているとか、そんな小さなことをいちいち気にしてはいけません。
今の彼女は自分なのだと、堂々と自信を持って振る舞うのが「本カノ」の度量というものです。

9.彼が友達と会っているときに頻繁に連絡するのはNG

1 2