インド北西部で毎日10万食のカレーを巡礼者や旅行者らに無料で与えるシク教総本山の「黄金寺院」を密着したドキュメンタリー。
作品は、食事を待つ大勢の人々と、無償で働く300人が手仕事で調理したり後片付けをしたりする姿を描き出す。巨大鍋で作られる豆カレー、ひたすらニンニクの皮を剥き続けるターバンをかぶった男性…。異国の調理風景が、喧騒とともにスクリーンに映し出される。ナレーションもBGMもない。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る