1. まとめトップ

【WW1】第一次世界大戦を扱ったゲームのまとめ

第二次世界大戦をテーマにしたゲームは数え切れないほどありますが、第一次世界大戦を扱ったゲームはあまり見かけません。この記事では、バトルフィールド1のような有名どころのゲームから、聞いたこともないようなマイナーなゲームまで、WW1を扱っているゲームをまとめてみようと思います。

更新日: 2017年02月28日

1 お気に入り 16541 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

第一次世界大戦は、少しマイナー?

第二次世界大戦をテーマにしたゲームは数え切れないほどありますが、第一次世界大戦を扱ったゲームはあまり見かけません。
この記事では、バトルフィールド1のような有名どころのゲームから、聞いたこともないようなマイナーなゲームまで、WW1を扱っているゲームをまとめてみようと思います。

そもそも第一次世界大戦ってなに?

1914~1918年にかけて行われた、人類史上最初の世界大戦です。
主に、ドイツ・オーストリア・オスマン帝国などの中央同盟国と、イギリス・フランス・ロシアなどの協商国が戦いました。
当初、人々はこの戦争を「すぐに終わる」と楽観視していましたが、機関銃の登場により防御側優位になり、塹壕戦が主流になったため、戦争は長期化。結果、各国は総力戦を強いられ、史上最大の被害がもたらされました。

超有名FPSシリーズ最新作!【バトルフィールド1】

『バトルフィールド1』(Battlefield 1) はエレクトロニック・アーツより2016年10月21日発売されたコンピュータゲームソフト。略称は『BF1』。対応プラットフォームはMicrosoft Windows、PlayStation 4、Xbox One。
バトルフィールドシリーズの作品で、時代としては最古となるシリーズ初の第一次世界大戦を題材にした1人称視点のシューティングゲーム(FPS)[2]。
バトルフィールドシリーズとしては第12作目となるが、題材となった第一次世界大戦が「総力戦」で、これがバトルフィールドシリーズの原点でもあることから「1」とナンバリングされた。正式タイトル発表前は『バトルフィールド5(仮)』と呼ばれていた。

COD(コール オブ デューティ)シリーズと並ぶ、有名なFPSがBF(バトルフィールド)シリーズ。
史実に忠実に作られており、マルチプレイも人気なので、FPSが好きならまずはこれをおすすめします。
発売されてからあまり時間が経っていないので、まだ値段が高いのが難点です。

リアルすぎて単調なFPS?【Verdun】

Verdunは第一次世界大戦のリアルな世界観に根ざした世界初のマルチプレイヤーFPSです。過酷な塹壕戦によるユニークな体験を実現し、攻防入り乱れた激しい戦いの没入感を演出します。

ゲームの舞台となるのは、歴史上最も血なまぐさい戦いが繰り広げられた、1914年から1918年の西部戦線です。デベロッパーは史上最悪の戦いの一つ、1916年のヴェルダンの戦いに着想を得ました。ゲーム内には4つのゲームモード: Frontlines、Attrition、Rifle Deathmatch、そしてSquad Defenceが用意されています。またゲーム内では、WW1で使用されたリアルな兵器や制服、恐怖感を煽るゴア表現、そしてフランスとベルギーの実際の戦場に基づいたマップなど、歴史を忠実に再現した数々の要素が含まれています。

海外向けに発売されたFPS。PC版はsteamで簡単に買えます。
主に塹壕を取り合うゲームで、史実と同じく防衛側が有利です。
マルチプレイサーバーの過疎が進んでいることと、日本語に対応してないのが残念です。

物語、雰囲気が良い横スクロールアドベンチャー【Valiant Hearts: The Great War】

第一次世界大戦のヨーロッパを舞台に立場の異なる2人の男性と1人の女性、そして1匹の犬が互いに協力しあい戦乱の時代を生き延びる2Dアクションパズルゲーム。 キャラクターたちはマンガ的なアートワークでかわいらしく描かれているが、銃撃などで死亡するなど実際の戦争に即した描写がなされており、たとえばステージの障害物の一つである毒ガスは主人公が触れてしまうと死亡するという仕掛けになっている[2]。なお、メインキャラクター4名のうち、銃器を持って戦うキャラクターは存在しない[2]。 また、キャラクターたちは吹き出しで会話するがはっきりと喋るわけではなく、ゲーム内はナレーションが流れるのみである[2]。
一定時間操作がないとヒントが表示される仕組みになっているが、ヒント表示がないモードも存在する。

グラフィックは可愛らしいものの、内容はけっこうシリアス。
ストーリーと雰囲気が絶賛されている。歴史の勉強にもなるので、歴史好きにもおすすめ。
steamで購入可能。日本語にも対応しています。

WW2だけじゃない!【Darkest Hour: A Hearts of Iron Game】

戦略ゲーム好きなら一度は耳にしたことがあるであろう、Hoi(ハーツオブアイアン)シリーズ。
2作目であるHoi2を元に開発されたのが、この「Darkest Hour」です。
本来は第二次世界大戦をテーマにしたゲームなのですが、第一次世界大戦や日露戦争などのシナリオでも遊べるので、掲載しました。かなりマイナー国家でもプレイできます。

【Making History: The Great War】

steamで購入できますが、日本語には対応していません。
戦略ゲームで、日本でもプレイできるようです。

【Commander: The Great War】

steamで購入できますが、日本語には対応していません。
こちらも戦略ゲームのようです。

1