1. まとめトップ

満員御礼無事終演【雀組ホエールズ第11回公演】『ズルい奴ほどよく吠える』【2017.5.17~28】

番外公演「餞」から続くは「ズルい奴ほどよく吠える」/出演者:阪本浩之 絵川杏奈 岡遼平 (以上、雀組ホエールズ)橋本耀 棚橋幸代 鈴木コウタ 佐藤礼菜 佐藤聡哉 加藤圭貴 新貝紋加 西野純一郎 大河原啓介 三井伸介 三宅重信

更新日: 2017年06月11日

0 お気に入り 1012 view
お気に入り追加

▼雀組ホエールズとは…

★こりっち 観たい!&観てきた!週間1位~

喫煙所からこんにちは「ズルい奴ほどよく吠える」0429: youtu.be/VDAHizrg5c4?a、@YouTube がアップロード

悪事に手を染めるなら自覚をするのが世の倣い
覚悟もなく悪事を正当化しようとする奴ら
人が一人生きることの意味を問うこともなく
目先の利益と欲に踊る。バレナイという免罪符
それにしても「ズルい奴ほどよく吠える」

今回はいつもの笑って泣けての雀組テイストにサスペンス要素も!さてどんな展開になるのでしょうか?

このチラシの中にも物語のキーワードが隠されているとか…?!

※全日程指定・全席自由(VIP席除く)
​※雀贔屓割引き対象公演

前売予約席 3900円
VIP席 5500円(限定販売・予約のみ)
25歳以下 3000円(証明書提示・予約のみ)
学生割引 2000円(証明書提示・予約のみ)
劇団指定割引 3500円(★のついた公演)
当日席 4500円
中学生以下 無料
(要予約・乳幼児はご相談ください)

▼ズルい奴ほどよく吠える・当日パンフレット▼

「ズルい大人たち」
毎度のことですが、文章を書けといわれると何故か「固い」ものを書いてしまいます。
一応言っておきますがこの芝居の内容と、この文章の「固さ」には大きな隔たりがあることはご承知おきください。
「卑怯な人間にはなるな」。高校の頃だったか、親父に不意にそう言われた。
当時、お世辞にも良い子とはいえないバカで無鉄砲だった僕に、親父は呆れていたのだろう。
せめて人として外れないで欲しかったのだろう。そしてその言葉は30年以上過ぎた今でも、言ってみれば僕の座右の銘になっている気がする。
未成年にあるまじき行動ばかりしていた青春時代。
それでも「女の子には優しくあるべき」だとか「弱い奴をいじめるのは違う」とか思っていて、自分なりの正義の中で尾崎豊みたいな生き方を模索していたんだと思う。
そんなわけで、ニュアンスが難しいんですが、僕は所詮「ワルガキ」はそんなに嫌いじゃないですが、度を過ぎたバカやコソコソと陰で悪いことをするバカ、他人を貶めたりするバカは本当に嫌い。
今回はそんな馬鹿どもが世の中を跋扈している現実に目を向けてみました。
「卑怯な人間」ってのはどういう人間なんだろう。
そう考えたときに出てきたワードが「ズルい」という言葉。
自分が得をするならば、他人がどうだろうと関係ないと考える人間。ここ数年、大人として今の日本はそんなズルい大人が溢れた国になってしまっているように思う。
子供を叱っているふりをして、自分のプライドを守ろうとする親たち。
仲間が困っているときに、心配するふりをして決して手を貸さない友達とも言えない連中。
アメリカに見放されるのが怖くて、法律を曲げてまでアメリカに服従しようとする与党のあの人。世の中には「ズル」が溢れている。
雀組ホエールズは、いや僕が扱いたい題材の多くは現政府において「共謀罪」でつかまりかねない。少し前からあの人は「平和」という言葉よりも「危機」という言葉を多く使うようになった。いや「平和のための武力」という言葉を平然と並べている。
少なくとも僕にはそう見えてしまう。
「平和のための武力」、そんなものは存在するのだろうか?
そういうことを少しだけ考えて、でもそのことをすっかり忘れて今回のお芝居を楽しんでいただけたら幸いです。本日はご来場ありがとうございました。  佐藤雀

▼ズルい奴ほどよく吠える・あらすじ▼

舞台は東京オリンピックを2020年に迎える、とある下町の印刷工場。
仲のいい夫妻と弟が大事に守ってきた親の代からの土地。
ある日景観の改善をするべく大手建設から差し向けられた営業の木田がやってきて、この土地を売ってくれませんか?と持ち掛けてくる。大事な土地なので売れませんと跳ねのける治。
政春は木田と校長から土地を売るように迫られる。
そんな中、政春が校舎の屋上から自殺の報が…政春の自殺を疑う警視庁の刑事二人と治の先輩で週刊誌記者の井上が事件を追うが、井上は木田に正義を売る。
さて真実やいかに…。

▼CAST ★役柄紹介

https://twitter.com/hiroryouma

「俺中卒なんで」が口癖の昔ちょっとヤンチャしていて、でも今はまじめに印刷工場を経営して、大好きな奥様の弟をちゃんと大学まで出してあげる甲斐性もある。
工場主の織部治。

https://twitter.com/anna_egawa

政春の彼女
ちょっと天然な感じもするが、政春亡きあと自分がわかってあげられなかったと責める。
前半は右手の薬指にしていた婚約指輪が後半では左手の薬指に移ったことから彼女の覚悟が見て取れる。

https://twitter.com/okaryouhei

校長の手下のような脳みそ筋肉の城田先生
「ぼ~くは人間じゃないんです、ほんとーにごめんなさーい」って歌うのが口癖。
赤いジャージがトレードマーク、刑事にカマ掛けられて騙される。というなんか憎めない先生。

https://twitter.com/hikari_h_0617

西川先生の彼女で正義感あふれる南雲先生
自分が正しいと思ったら、校長相手でもしっかりと自分の意見を貫き通す。
いわばこの学校の中での唯一の正義感の象徴。

BLOG:http://ameblo.jp/sachiyo-tanahashi/

治の妻でチャキチャキの下町娘で苦労もしているけれど笑顔で笑い飛ばせるような奥様。いつも明るくて治と仲がいい今日子。
治が雑誌の袋とじを見ているのを見つけると3日くらい口をきいてあげないという潔癖なところもある。

https://twitter.com/koutainos

政春の件に裏があるとみて、独自に捜査を続ける警視庁捜査1課の刑事
人を指さすのが癖。

https://twitter.com/satoreina

政春の勤務する福沢学園の小学校の校長。
お金が大好き。寄付金の為なら教育理念なんてどーだっていいのです。寄付金の為なら担任の取り換えもお手のもの。だって何よりもお金が大事なんですもの。

https://twitter.com/s11b138

今日子の弟でまじめで優しい小学校教諭の政春。
小学生の頃に両親を事故で亡くし、以来治と今日子が親代わりとなって大学まで卒業。
勤務先の人間関係に教師を辞めたくなっている。

https://twitter.com/cake0225

大手建設・営業の木田。
土地の権利書を奪うためならなんでもやる目が笑っていない社畜で鬼畜な営業。

https://twitter.com/honto_saiai
http://ameblo.jp/ponponpon1101/

明智の部下。無軌道な明智を抑えつつ、時にきりりと警護に当たる。

https://twitter.com/junjunishino

寄らば大樹の陰!長い物には巻かれろ!子供の意見よりも親の意見尊重!の西川先生。西川は南雲の彼氏で、いつも熱くなる彼女をなにかと守っている。
その守り方が彼女はちょっとお気に召さない。

https://twitter.com/kskokwr
http://ameblo.jp/okwrksk/
石原校長と校長の下僕のような教頭・吉岡先生
校長のいうことはなんでも復唱します。校長のいうことなら白でも黒といいます。
そんな下僕ですが、実はこの二人付き合ってるよね…?(笑)

https://twitter.com/shinsuke_321

治の中学の先輩。週刊文春の記者。治は俊さんには頭が上がらない。
悪いことには屈しない。といいつつ一千万で正義を売ったりもする。食えない大人。

1 2 3 4 5 ... 16 17





好きな物がかなりニッチ。そんなニッチなジャンルのまとめを作って、知っている人だけでニヤニヤするのが目的です。ビート仙人という名前は初期がマージービート系をまとめていたからであり現在は意味を成してない。