1. まとめトップ

子育てを夫に協力させるために知っておきたいこと

夫が子育てに協力的でない状況は避けたいところですが、現実多くの方がこの問題で悩んでいますよね。ですが、あんまり怒るのは逆効果。旦那さんが協力してくれない理由を知って、上手に解決しましょう!

更新日: 2017年04月22日

2 お気に入り 14919 view
お気に入り追加

色々ページが更新されてたので追記しました!
一度見た方も、是非参考にしてみてください!
2017/4/22

夫が子育てに協力的でない状況は避けたいところですが、現実多くの方がこの問題で悩んでいます。
が、あんまり怒るのは逆効果かも。
旦那さんが協力してくれない理由を知って、上手に解決しましょう!

まずは基礎知識!夫が子育てに協力してくれない原因は?

夫ってどこかで「妻任せ」にしちゃう気持ちがあるんですよね。

『子育ては妻がするもの』という発想は根強く残っているようです。

夫は、実は一生懸命働くことで家族を支えている、と思っているものです。

これも似たようなものですが、男がお金を稼いで、女が家庭を守る。という発想から来ているのだと思います。ただ、共働き夫婦はそういうわけにはいきませんよね。

ところが、「夫は子育てを手伝ってくれない」「母親ばかりに負担がくる」という声が多いのが事実。 一方で、ほとんどの夫は十分に育児に協力しているつもりです。

「やっている」の基準が違うことが大きな原因になっていることも。

子供に興味がないんです。
~~中略~~
お人形遊びってやりました?
これ、男性はあんまりやって無いんです。

僕が初めて子供と対峙した時
思い浮かんだのは人形遊びでした。

生まれたての子供は男の人にとってはまるで人形。人形遊びに興味がない男性は、そもそも子供に興味が持てない?

やはり一番の原因は、パパ・ママの子育てに対する考え方の違いですね。
満足度100%の旦那さんと、不満だらけの奥さん
という構図が見て取れます。

子育てに協力してもらうためのNG行為!

子育てをしない旦那さんに対して、「こんなに大変なのにどうして手伝おうとしないの?」「このくらい察してよ」という気持ちを持ってしまうと、逆効果です。

旦那さんは、ママと比べて子供と一緒にいる時間が短いため、子供のちょっとしたサインや変化に気づきにくいものです。旦那さんが気づいていないときは、「手伝ってほしい」と言葉に出して伝えるようにしましょう。イライラした気持ちを抑えて、優しい言葉で伝えてあげるのがポイントです。

「どうせやってくれない」「絶対にできないだろう」とあきらめてしまうことも、さらに旦那さんのやる気をそこねてしまいます。

言いたい気持ちは分かりますが、文句を言うのは厳禁です。ますます非協力的になっちゃいます。

子供もおんなじ。
リアクションのないうちは興味わかないです。

反応が返ってきて初めて、
興味を持つ。

全員同じとは言い切れないですが、
多くの男性がこうだと思います。

だから、子育ての初期段階、
とくに一人目が生まれてすぐの時は
子供のこと任せないでほしいです。

育児に対して、旦那さんが協力してくれない
って悩んでる一番の原因は
ここで子供のこと慣れさせようとか、

何とかさせようと思って
いろいろやらせるからだと思います。

子供という存在に慣れるまで、ちょっと時間がかかるかもしれませんね。無理に何かをやらせるより、旦那さん自身が興味を持ってくれるように持っていく必要がありそうです。

この人はダメだ!と諦めることと、無理やりにやらせてしまうことが、
その先の夫の協力を得られない一番の原因のようです。

どうやったら協力してもらえるようになる?

まるで二人赤ちゃんを子育てしてるみたいですが、私たちが旦那さんを子育てに参加しやすいように準備、段取りしてあげるといいと思います。

この子はどんな風にだっこしたらいいとか、こういうときはこうしてあげたらいいとかって、一緒にいるうちに研究?して覚えていきましたよね。
普段は仕事ですから、私たちの半分程度しか赤ちゃんと一緒にいないわけです。
なので赤ちゃんのことも私たちの半分以下しか知らないんです。

なんで知らないの!?ではなく、知らないのが当たり前だよね〜と思いながら毎日教えてます。(笑)

旦那さんの協力しやすい環境づくりが必要!

あなたがすべきことは
手伝いのハードル下げる
ことです。

とにかく、
幻想を見ずに、現実を見てください(笑)

『夫は何にもできない』という前提に立った方が、うまくいくようです。

こどものついでに
協力的な夫を育てる
くらいの感覚で、

あまり気にせずやるのが
いいと思います。

最初から何でもできる人はかなりマレです。
子供と一緒に育ててあげてください(苦笑)

育児に協力してもらいたいときは、まずは気遣う言葉から始めることで、旦那さんは快く受け入れてくれるはずですよ。「オムツ替えをやってもらってもいいかな?」のように疑問形を使うことも、相手がその提案を受け入れやすくなるという心理的な効果があるようです。

怒りながらとか、怒鳴ったりとかは、基本逆効果なので注意が必要です。

無理なくできることや、自主的にやってくれることを尊重しながら、
少しずつ高度なことにも挑戦していくことで、
自然と協力してくれるようになっていくようです。
知識も経験も、少しずつつみあがっていきます。

番外編 どうしても協力してくれないときの対処法

ママ友でも、昔からの友人でも、久しぶりの友達でも、しゃべっているだけでストレスが発散できているなと感じたことがある人はたくさんいるはずです。

また、同じくらいの子どもがいれば、似たようなことでストレスがたまっているものなので、話し出すと止まらなくなるでしょう。

やっぱりストレス解消には話すのが一番!?でも、子育てや夫の悩みは未婚の友達に話すのは止めましょうね(苦笑)逆にストレスがたまることもあります。

そんな私の心を落ち着けるためにしていたことは毎日の日記です。自分の思いや、これからこうしたい等の考えを文字にすることで頭の中が整理されて心が落ち着き、明日もまた頑張ろうと前向きな気持ちになれていました。今となっては、そんな辛い時期も乗り越えられた証になっているような気がします

日記を書くのも誰かに話すのと同様の効果があるのかもしれません。

子育て中だから、自由にできなくてもしょうがないと割り切っているママも多いようです。
育児サイトでもっと楽になる子育て方法を調べたり、同じ境遇のママに感情移入をして気晴らしをしているという声も。
自分だけじゃないと思ったり、こんな解決方法があるのか!!!と驚いたり、サイト閲覧が思わぬストレス発散になっているようです。

案外お勧めなのがコレ。共感できる悩みが書いてあったり、自分よりも重たい悩みを抱えたママを見て、「大丈夫かも」って思えることも。

最後に・・・。

いかがでしょうか?
同じ悩みを抱えた人は世の中にたくさんいらっしゃいます。
また、それぞれの方が独自の解決法を見出しています。

必ず似た境遇の方はいらっしゃいますから、
色々な人の意見を参考にして、自分なりの解決策が見つけてくださいね!

このまとめ記事があなたの役に立つことを祈っています!

参考記事一覧

1 2





実は子だくさんの子育て中。30代。
かゆいところに手が届くまとめ記事が書けるようにがんばります!