恥ずかしがり屋と大きく異なる点は、症状が強く長期に渡って続くこと、そのために子どもが持っている様々な能力を十分に発揮できないということです。

喋ることができても小声だったり、答えるまでに時間を要したり、特定の相手とだけ話したりする状態の場合も、場面緘黙としてとらえて支援することが有効です。
特に、回復の途上にある場合、子どもの状態が学校に理解されにくいことが多いため注意が必要です。

例えば、幼少期の発達がゆっくりで、自分を表現することに自信がもちにくい場合があります。また、感覚過敏や発達的なアンバランスのために、状況の読み取りや、人との関わりが苦手な場合もあります。
また、発音や言語表現が苦手で、そうした失敗を怖れている場合があります。こうした要因が、それぞれ違った形で子どもの症状に影響しているのです。

出典かんもくネット〜場面緘黙とは〜

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

世界仰天ニュース・場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)学校で話せない

場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)とは、家庭などでは話すことができるのに、社会不安(社会的状況における不安)のために、学校や幼稚園といったある特定の場面、状況では全く話すことができなくなる現象を言う。幼児期に発症するケースが多い。

このまとめを見る